5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

旧日本兵はどれくらい強いのか?

1 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 00:52:31 ID:LBVSV4UO
侍のような人たちなのかな?
戦時中の日本の記憶しかないわけでしょ。凄いよね

2 :カキウチ最強:2005/05/31(火) 01:00:16 ID:sch/CrBp








カキウチ最強











3 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 01:08:52 ID:v+G3qI/e
よわいよ。80超えた爺だもん。

4 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 01:38:19 ID:mBxUlc0/
弱いものいじめはヤメ

5 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 02:02:58 ID:yVIVpYBh
旧日本兵=侍みたいってのは何故かテンプレだよな

6 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 02:18:07 ID:JLjzf6Li
竹槍でぇ、B29を落としなさいって教えられましたぁ。
絶対不敗の信念が満つればぁ、神風ピュー吹いてぇ、アメさん泣いて帰ると言われましたぁ。

7 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 02:50:42 ID:dUjBbtRV
ちんぽこでぇ、R18を極めろと教えられましたぁ。
粘着質系の愛液が満つればぁ、チンポコドドピュッて吹いてぇ、十ヶ月したら所帯主になるといわれましたぁ。

8 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 04:00:27 ID:xr6u1xua
旧日本兵は=リアル侍だよ
いくら80歳の爺ちゃんとはいえ、喧嘩吹っかければ本気で殺しにかかってくるよ
あの時代の人たちは人殺しなんて、なんとも思ってないよ

9 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 04:03:07 ID:1BER0FwF
そういえば高齢者の犯罪が増えて
今刑務所は高齢者の受刑者で埋まってるらしい

10 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 04:08:00 ID:2qxdKxot
>>6
>神風ピュー吹いてぇ
そんな言い方したら某ジャガーを思い出しちまうw

11 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 04:57:03 ID:2h0bwf8X
1〜10よりは強いな。

12 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 07:00:00 ID:zznahUrn
日本軍は最強過ぎだよ。あきらかに兵は世界最強。ただし将官は頭悪すぎ

13 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 07:22:09 ID:jFjpaDC3
ムツゴロウも旧日本軍出身なんだろ?
しかも満州とか大陸にいたとか。

ムツゴロウ最強伝説が最初に唱えられてから久しいけど、
やはりピーーーーーとかピーーーーーーをしたことあるのかね、彼も?
仮にそうだとするならば、ムツゴロウはもはや多くの武道家を超越してるのでは?
戦後も、猛獣とガチでとっくみあってるし(大山マスタツのような単純な詐欺やフィクションではない!)。


14 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 07:39:42 ID:zMJcJt4Q
武専や中野学校出身者の武道家に稽古つけてもらいたいな。特に武専、武徳会の人。
でも、厳しそう・・・生きて帰れるかしら。やっぱ拳道会以外ないかな。

15 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 10:08:12 ID:Wzt+bq6X
>>13
マジレスすると満州にいたのは事実だが、まだ子供だった。

16 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 17:50:51 ID:cjgTA4W4
そういや近衛って戦後どうなったの?

17 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 17:54:02 ID:ALkO3Pvc
終戦当時20才はいまなら80才。

18 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 21:23:23 ID:OBguH7Xb
関東軍拳法


19 :名無しさん@一本勝ち:2005/05/31(火) 21:30:56 ID:DFws62Q3
>>16服毒自殺


20 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/01(水) 01:18:46 ID:AwsIRR5q
>>1
40kgの装備を担いで一日60kmを行軍するくらい強い。

21 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/03(金) 09:42:47 ID:zFyvICsH
でもアメリカにサシで勝負して勝ったベトコンの方がもっと強い

22 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/03(金) 10:13:02 ID:ZpGRSroh
80、90っていっても、自分とこの爺ちゃんと一緒にしてはいかん。
平和ボケしたナヨナヨした老人と違うと思うぞ

23 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 18:40:59 ID:TpjWQDvA
>>21置かれた状況が違うからな・・・日本も外部的要因が拮抗していてかつ本土でのゲリラ戦ならもっと面白いことになってたかも。


24 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 18:56:03 ID:pRrlMbWw
>>20
でもって栄養失調で死亡なわけで

25 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 19:12:28 ID:uYp6xfJg
何が強いって、その「生き抜こう」という精神、魂ですよ!

26 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 19:56:33 ID:dXBFHStC
戦略シュミレーションゲームでは零戦と日本兵は敵国の戦闘機、歩兵より
あきらかに強いです。なぜでしょうか?

27 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 19:59:35 ID:cJ0GLbfD
日本人が遊ぶ為のゲームだからじゃないですか?

28 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 20:01:41 ID:/l/P1jXV
当時としちゃ強かった
でも今の自衛隊の方が質は上でしょうね
職業軍人と徴兵(数年の訓練)軍人では、レベルが違う


29 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 20:06:55 ID:d9rA+CpR
零式防衛術のようなものは無かった?

30 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2005/06/11(土) 20:13:13 ID:OupR6UCC
旧日本軍の歩兵は間違いなく世界最強。

マッカサーも朝鮮戦争で中国共産党軍を相手に敗北しそうになったとき、

その中国軍に不敗だった日本軍の強さを知った。

ヨーロッパではドイツの降下猟兵や、山岳猟兵の強さが有名であったが、

戦史を調べると、日本兵のほうがはるかに強かったことがわかる。

31 :osara:2005/06/11(土) 20:17:49 ID:/l/P1jXV
http://ime.st/bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_13&nid=39944&work=list&st=&sw=&cp=1
桜花
ワンショットライターと米軍に揶揄され、ほとんど対象にたどりつくことなく散っていったものの一機が米艦を撃沈する。
しかし、米軍の発表では事実は伏せられた
特攻は米軍人を精神病に陥れ、帰国を願い出た者多数、世界中で英雄視された

が、「平和主義者には罵声を浴びせられています」
特に戦後日本人に


32 :osara:2005/06/11(土) 20:20:13 ID:/l/P1jXV
http://www31.tok2.com/home2/teiteitah/emp_jp-1.html
簡単に当時を知りたい方 どうぞ

33 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 20:29:26 ID:Uzqa3tHh
旧陸軍の刀法、戸山流居合ってどうよ?

34 :osara:2005/06/11(土) 20:30:41 ID:/l/P1jXV
http://www.takashago.com/index.html
世界最強の特殊部隊と互角に戦った日本兵(FLASH参照)

35 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/11(土) 22:07:00 ID:589Ri+de
>>28
その代わり、人数も違うw

36 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/12(日) 07:30:29 ID:S/q10RnA
フラッシュ感動

37 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/12(日) 15:10:54 ID:GkriKu7X
そりゃあ凄い強いだろう
一度に欧羅巴各国とアメリカ相手に戦って、序盤は連戦連勝。
アメリカがいなければ勝ってたろうな。


38 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/12(日) 15:19:23 ID:08CaIEzO
それなのに、日本が負けたとたんに、三国人どもが戦勝国面しやがって!

39 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 14:36:20 ID:ZtYaC3LU
昭和49年ルバング島から約30年ぶりに帰還した
小野田少尉はそれまでに鈴木青年から終戦の事実が
伝えられていたにも関わらず、"自分の残置諜報任務の命令は
現在も継続中なので命令解除がない限り帰れない"と云い
仕方なく鈴木紀夫が元の上官である谷口義美少佐に掛け合い
谷口氏自身がルバング島に赴き、命令を解除し、漸く帰国する。
つまり、その命令解除の瞬間まで小野田少尉は戦闘中だったという事だ。
賛否両論はあるにせよ、ここまで完璧な指揮系統をつくりあげた
軍隊は日本以外になかったと思う。
因みに小野田氏が帰国した時の日本刀を携えた姿と鋭い眼光は
"これが帝国軍人"と思わせるに充分過ぎる凛々しさだった。

40 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 14:41:24 ID:xR4Nmgvb
ところで今日靖国に抗議活動に来た人たちって高砂義勇兵の遺族?

41 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 14:47:58 ID:+NnQh2Ad
>>37
ノモンハンで大敗しましたが、何か?

まあそんなことは置いておいてドイツvs日本は海なら日本の勝ち、
陸ならドイツの勝ちとか、
戦争なんて条件でいくらでも変わってきますよ。
それこそ格闘技の最強論争と同じで意味の無い話だ。

42 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 14:54:58 ID:AopC8S/p
で、その屈強な日本軍人が、沖縄戦では壕の中で泣く子供をその親に殺させたわけだ。

日本が太平洋戦争に勝ってたら、今頃どんなとんでもない国になってたかと想像すると、負けてよかったとつくづく思う。
米の属国からは卒業すべきだとは思うが、それはまた別問題。

43 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 15:06:50 ID:v08ybQRg
軍神広瀬万歳

44 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 15:12:40 ID:c+4O2ioG
>>40 ttp://www.emaga.com/bn/?2005060034490320005291.3407
>>41 たぶん日本の勝ち。太平洋やアジアでやるならね・・・地の利がものを言うと思う。
>>42 それは最近疑義が出てきましたね。何の本か忘れましたが米軍占領云々で米軍に迎合・・・だったと思いますが。詳しい検証が行われると思います。


45 :◆kQaEe3ePcc :2005/06/14(火) 15:28:53 ID:fr5B0h6V
>>44
旧日本軍がどのような活動をして、現在伝わっている情報がどのくらい正確か?
これらに関して、信憑性云々は正直微妙

だけど、こういった話題を声高に取り上げる団体が、胡散臭い事ははっきり分かってきた
だからエセ左翼が騒ぐ内容は怪しい、って思うようになった
そうやって疑問点をネットで調べていったら、学校で習ったのとは違う歴史を知った
それに関連して、自分がこれまで信じていた学校の教科書自体、おかしかった事を知った

昔の日本=戦争キチガイだと思っていたけど、下手すれば今よりも良いと思える点があった
そんな日本の歴史を、これからは正しく伝えていきたいと思う

46 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 15:38:02 ID:ZuwNh4W8
>>45
2chで正しく伝えていくのかい?
しかも公開とはいえ他人のトリップを使ってさw

47 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 16:09:32 ID:+NnQh2Ad
>>44
>たぶん日本の勝ち。太平洋やアジアでやるならね・・・地の利がものを言うと思う。

欧州でやるなら正反対の結果だろうし・・・意味が無い

48 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 16:14:41 ID:+NnQh2Ad
それに様々な軍事評論家や歴史家が
「もし日本がソ連と全面戦争していたら?」を検証しているが、
大抵結論は「日本の敗北。で、ソ連の占領による日本の共産化という結果になっていた。」
そこまではいかなくてもモスクワとかまで迫ろうとすればそれだけ補給線も伸び
それを確保するだけでも膨大な戦力を削がなくてはならず、コサック騎兵による
ゲリラ戦なんかを受け、結局はナポレオンの二の舞。

詳しく知り炊けりゃ世界史板とかに行って聞きな。

49 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 16:21:04 ID:+NnQh2Ad
>>45
戦前はともかく戦中はやはり駄目国家だと思う(戦前と戦中の区別が
ついていない人が多いが)。
なにも「他のアジア人を云々」ではなく
「国のため」という美名のために大多数の国民に無理をさせすぎたという点で。

特攻隊なんかやらせてまで戦争を続けようとする国家は正気ではない。

50 :48:2005/06/14(火) 16:24:49 ID:+NnQh2Ad
取りあえず↓とかね

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1117243029/

51 :48:2005/06/14(火) 16:37:21 ID:+NnQh2Ad
↓も

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1117817189/

52 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 16:37:29 ID:eJ8E1ohk
>>45
牟田口や辻政信みたいな奴が司令官や参謀になれる軍隊ですぜ。
おまけに政府のいうこと聞かないで、どんどん戦線広げていくし。
負け戦を認めないで国民にウソついてまで戦争してるし。

大体、補給を軽視する軍隊にロクなもんはない。
ジンギスカン作戦なんかまるっきり山賊じゃんか。

53 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 16:39:25 ID:ApK4G5jF
(^○^) ◆KYAHA/emlo がふざけないで発言してるの初めて見た!!!

54 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 19:10:55 ID:c+4O2ioG
>>52昔の日本軍=今の霞ヶ関


55 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 19:14:48 ID:YOHOLZCW
中拳漫画ではやられ役の雑魚キャラだよね。
日本兵。

56 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 19:21:20 ID:5pRy92KR
財布に2千円しかなくても
スロット打ちに行きたくなるように
そんな感じで 戦争してたんだろうな

57 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/14(火) 21:42:31 ID:lewNMct/
捕虜になると機密もぺらぺらしゃべった。


58 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 00:32:09 ID:jPT36h3x
大日本帝国軍vsナチスドイツ軍
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1112053254/

59 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 00:48:13 ID:jPT36h3x
>>58の軍事板のスレだとナチスドイツ軍のほうが圧倒的に強いようですね。

連合国にとってもドイツ=玄関を蹴破る強盗、日本=裏庭の柿泥棒だった。

60 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 01:08:32 ID:66fjgg8F
旧日本兵は夜の床の中や押し入った先での婦女子に対しては最強でした。
みんなイキまくりだったんだから。

61 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 01:21:07 ID:PuMjLaXs
世界最強と云われた久留米の菊と龍。
特殊部隊の元祖、ウィンゲート空挺団を殲滅せしめ
40倍からなる連合軍を6度敗退させ一個連隊で3個師団を全滅させ
敵将蒋介石からまで絶賛された暴勇部隊。
特に龍兵団56師団は日本陸軍随一の強兵部隊であった。


62 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 02:09:51 ID:zjnUwtp3
>>28

残念だけど人材的質は当時の方が上だった
当時の職業軍人と今の職業自衛官を比べたら自衛官が可哀相ですよ
自衛隊の空挺部隊なんて裸足で逃げ出すような事やってたからね旧軍はw
今では八甲田山に登るときは演習前後の気候を調べ足にはスキー装備、
あったか〜い食事を運んでくれる雪上車が真後ろについてきて
至れり尽くせりだし兵装自体が当時と違うからねw

63 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 07:25:41 ID:FmdcWgpX
>>62
自衛隊も、レンジャー訓練はハンパじゃないよ、ボウヤ。

64 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 07:54:03 ID:FwdxrpOC
>>62
演習時の八甲田山の気候を調べもせず、無理だと分かっても撤退する事すら出来ないのが旧軍。

65 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 08:55:48 ID:FAZVPQc9
訓練だけで死者がでるあたり、SASと同じかな?
とにかく教育方針が人間が本来持ってる狂気をひきだすところにあったようだから。

そういうわけで、わしが男塾塾長、江田島平八であ〜る! 以上

66 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 10:00:19 ID:tSzXzFiC
>>48
ソ連の戦術は人海戦術だからね。
「人は石垣」を地でいく戦法を採られて、敵本拠地を叩けない。
おまけに「冬将軍」。これ最強。
ドイツもこれにやられたからね。


67 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 10:02:35 ID:7rd3kAeF
山本五十六は軍閥では非主流だった。前線の人間が飢えると分かっていて、
しかも負けると分かっていて指揮をとった連中は地獄へ落ちてくれ。

68 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 11:09:16 ID:aaiBThLp
>>57
捕虜になったときの権利・対応について教えてなかったからね。

日本兵に捕虜になる奴は居ないはずだからw

69 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 19:39:12 ID:1ErOsFB0
>>57
>>68
「生きて虜囚の辱めを受けるなら、死んで故郷の花となれ」等と精神論ばかり説いて、いざ現実に
捕虜になってしまった時の対応の仕方を、全く訓練していなかった。
気を失って、目が覚めたら捕虜になっていた、といったケ−スも実際にはあり得るのに。


70 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 21:36:14 ID:0Hm8VZBG
軍や部隊でなく兵隊自体の強さを検証するスレだろ?
柔剣道の達人揃いの士官は強かったろうね。
一般の兵隊もガキの頃から相撲や喧嘩で鍛えているから
そこそこ強い。

71 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 21:39:45 ID:+/SVb8V0
精神が強い

72 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 21:40:36 ID:0Hm8VZBG
ちなみに戦前の日本の武道武術流派は
その歴史系統まではっきり調査され
国家資格制度にまでされていたため
新流派を立てるのは難しく
そのため戦後、どさくさに紛れ中国で武術を学んだと言って
新流派を立てる人が続出した。

73 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 21:43:24 ID:0Hm8VZBG
〉71
戦前や戦後しばらくまでは学校教育で
騎馬戦、相撲、鉄拳制裁など
剛健な教育がされてたからね

74 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/15(水) 22:33:28 ID:TL0Yfsnh
>>41
当時のドイツと日本じゃ国力、生産能力が全然違う。
実際にはドイツは陸軍に力を入れた訳だが、もしドイツが海軍に力を入れれば
日本海軍の規模を上回るのに10年も掛からない。

75 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 09:36:53 ID:iPZMwwIk
>>70
とある傭兵経験者の弁(昭和50年代に聞いた話)だと
兵隊そのものの強さは
旧日本100とすると、
ヴェトナム95
ドイツ95
中国85
イギリス80
アメリカ80
オーストラリア75
ソ連35
イタリア20
インド10
という印象らしい。
飽く迄個人の感想だけど、アウトレンジでの組織戦ならアメリカ
が最強かもしれないが
白兵戦闘に於ける旧日本兵の強さ、しつこさは凄まじかったらしい。
(但し、同氏は旧日本軍には退却という概念がなく、兎に角、敵と対すれば
死ぬまで戦うしかない。もし退却でもしようものなら敵より怖い上官の制裁
と仲間の迫害が待っていたという事も指摘している)
格闘技とかじゃなく、
実際の殺合いの戦闘になれば体格や武器よりも精神力がもの云うのかもねえ。

76 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 10:53:12 ID:XGXIiPJn
>>75それはあるかもね。中途半端に兵が強かったから装備に目がいかなくなったのかも。


77 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 11:24:04 ID:iPZMwwIk
75です。
書きわすれたが傭兵氏はこんな事も云ってたな。
兵隊を大事にする度合は
旧日本軍を100とすれば
ソ連200
中国250
ドイツ300
イギリス500
アメリカ1000
(数字は潤覚えだけど大体こんな感じだった)
らしい。
いくら優秀な戦闘員でも処遇がわるくちゃやってられないだろうね。

78 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 13:26:18 ID:YyedreJ8
>>77
>アメリカ1000
確かに…。原爆落とすときの大統領の声明が「敵に甚大な被害をもたらすだろうが前線で戦う25000人の若い兵士の命には替えられない」だったからなぁ…

79 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 17:44:09 ID:sU5jNcTj
>>76
日露戦争の白兵突撃を金科玉条としてたからね。
装備をよくしようとか、最新技術を導入しようとかいうと怒り出したり、
邪魔をする高官がいたらしい。

図上演習で日本側が敗色濃厚になると、日本兵の精神力はもっと強いとか言いだして
勝ったことにしちゃうことも。これじゃ、なんのための作戦検討かわかんない。

「輜重輸卒が兵隊ならば、蝶々トンボも鳥のうち」と補給と輸送を軽視したから、
各戦線で負けが込み出すと前線の兵は飢餓地獄に。

なんか、「項羽と劉邦」における楚軍みたいだよね。

80 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 19:18:55 ID:XGXIiPJn
>>79>>図上演習で日本側が敗色濃厚になると、日本兵の精神力はもっと強いとか言いだして
この辺の精神構造が一般的日本人としても分からない。この辺を研究して未来に生かすのが本道だと思うんだがな。


81 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 19:23:11 ID:AMXd5BS8
ゆきゆきて神群の奥崎謙三の体術はそんなに強くなかったなあ。元上官をはり倒してたけど。
しかし警官を愚弄するあたり、精神的には抜群に強いのだろうが。

82 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 20:03:08 ID:CKV3vFkw
ところで陸軍中野学校で教えられてたとゆう、関東軍拳法ってどんなのだろう?
名前だけはよく聞くんだけど、実態が分からない。

83 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/16(木) 20:56:27 ID:6c3lA4Gp
>>63
武道板の人間じゃないねキミィ「畳の上の水練」って言葉知らないの?
空挺部隊の訓練は半端じゃないなんて無知丸出しの恥ずかしい事いうなよw
なんでもかんでもレンジャー!レンジャー!って変な掛け声出して
騒いでるだけだしw
自衛隊なんていう
中卒後に進学も就職も出来ない奴が行き着く最後の砦に妄想抱いてるなよ
うちの近所のレイテ帰りの爺さんの方がよっぽど地獄を見てきてるぜw

84 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/17(金) 02:36:51 ID:R6DoKnLP
>>82
和道じゃないかってが関東軍拳法スレでの結論だった気がする。
まぁもちろん軍隊用だろうけど。

85 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/17(金) 20:31:44 ID:+y6jlDm4
やはりこういう屁理屈ばかりの弱者を
量産した戦後民主教育は失敗

86 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/17(金) 21:24:22 ID:0iOJ6CmV
黄レンジャー最強

87 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/17(金) 23:35:39 ID:Iz1zv6zJ
>>84
となると、今の日本拳法と自衛隊徒手格闘の関係のようなものですか、和道流と関東軍拳法は。
60年程前なだけだから、教本か何か残ってないのだろうか?

88 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/17(金) 23:42:05 ID:lsyPQHOT
>>83
オマエなんか、レンジャーの訓練に一日たりともついていけないよ、ボウヤ。

89 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/17(金) 23:51:33 ID:lsyPQHOT
っていうか、一般自衛官の訓練にもついていけないかな? ボウヤ。

90 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/18(土) 00:30:35 ID:qcE7OqXX
90get

91 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/18(土) 00:33:55 ID:WzzxqDH0
>>83
脳内兵隊は、リアル兵隊やリアル自衛官を批判できないだろ。 やめときなよ、ボウヤ。

92 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/18(土) 09:10:07 ID:qp2+2vz6
>>83
空挺部隊とレンジャーは違うぞ。
批判するならそれくらい知っとけ。

93 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/18(土) 11:04:00 ID:Tn89PmkX
「自衛隊では」レンジャーは訓練課程として存在するだけ
三ヶ月の訓練を無事終了できたものがレンジャー徽章を貰える。
その割合が非常に多い部隊が空挺で一般部隊員も持っている人はいる
諸外国のレンジャー部隊に概ね相当することを日常的にやっているのが空挺
なので「日本においては」あながち間違いではない


94 :◆nrEc92s5Wo :2005/06/18(土) 13:12:37 ID:dtNgYoNp
ちなみに私の入隊した年次ですと、一番馬鹿な一般隊員でも入隊は困難でした。
私の受験した会場だけで受験者は100人前後。
そのなかで身辺調査や一次二次の試験をパスして入隊できたのは、10人以下だったはずです。
私はいろいろとコネがあったりしたので、なんとか潜り込めたようですが……83氏はどうでしょうね?
舐めて受けた大卒も落とされてましたが(笑
また、最近では定員の数倍の募集があるので、成績も上から選び放題だそうです。

ただ、あんまり優秀な新兵は、とりあえず根性と気合を主成分にする古参な方々とはイマイチ……

「オレ達は、自衛隊しか行き場がないって思ってたけど、今のガキはいくらでもいく場所があるヤツラばっかりなんだよ。
 うちの班なんか、大卒ばっかり来やがるもんなー。兵隊じゃなくて公務員なんだから、オレ達とはえらい違いだぜ」
某3曹がボヤいております。

95 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/19(日) 00:58:07 ID:IYFq9Wbg
>>94
そんな組織だから高部正樹や先ごろ殺された斎藤みたいな奴が出てきちゃうんだよ。

96 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/19(日) 01:02:41 ID:XHY3GB21
俺はお風呂が大好きだから毎日風呂に入れない自衛隊生活なんでダメだね。
「強さ」とかよりも「快適さ」の方が価値があると思うよ。
だいたい、お前ら、軟弱モンだから軍隊とか自衛隊にあこがれるんだろ??
人生の負け犬にはなるなよ。

97 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/19(日) 02:13:18 ID:1toND3pm
アメリカの将軍の言葉:

 最近の若者の軍隊嫌いには困っている。
 軍隊において質も大事だが、まずは数をそろえないといけない。

 軍隊は奇麗事ばかりではすまない。
 人から嫌われるようなこともしなくてはならない。
 それがガマンできない若者が多すぎる。
 軍人、兵士はヒーローかなにかだとカンチガイしているようだが、情けなくて涙が出る。
 悪く言えば、兵士とは日陰者だし、日陰者として相応に振舞うべきである。 

 人から忌み嫌われても命令を守れる者、規律に従える者が
 必要なのであり、最近の若者にはそういうタイプは多くないようだ。
 

98 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/19(日) 17:07:45 ID:J7pQxnT5
ケネディの言葉

国家が君に何をしてくれるかじゃなくて、君が国家に何が出来るかを考えよう

99 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/19(日) 21:38:28 ID:T+KMefrF
友達の言葉

君が妹を好きかじゃなくて、妹が君を好きかを考えた方がいいよ、真面目な話。

100 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/19(日) 21:47:07 ID:j9M7nBYz
んがぁぁあぁぁああ!!!!
きっきき聞こえねぇよ〜〜〜!!!ふは…ふはははははは…

101 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/20(月) 09:35:06 ID:/ZLgAfJ5
>>85
理屈を無視してインパール作戦を強行するような奴がいたから
無茶な戦争したんだよ。

2年しかもたねぇってわかってたのに、戦争の終わらせ方も考えてなかったし。

102 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/20(月) 12:59:08 ID:RuO6P2Nh
>>102
戦争は始めるよりも終わらせる方が数倍困難である。by山本五十六

103 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/20(月) 12:59:50 ID:RuO6P2Nh
>>102>>101
の間違いで須田。sumannsonn

104 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/20(月) 13:13:22 ID:/ZLgAfJ5
>>102
数倍困難なら、そのための計画はもっとしておかないといけないよね。

現実には中国に対しては首都一撃すれば降伏するだろう、米英に対しては奇襲攻撃で出鼻をくじいて意気阻喪させる、程度の
目算しかなかったし。

戦線拡大に伴う物資輸送計画すらきちんと策定できていなかったんだから、杜撰の極み。

105 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 02:19:17 ID:W2a8BQKG
アメリカは大東亜戦争中から日本兵の資質の高さを充分認めていたが、
戦後、日本に軍隊を残すかどうかという論議では非常に揉めたらしい。
日本を属国として優秀な兵隊を擁して米国軍隊を強化しようという案が
最初は優勢だったが、若し属国にならず再び刃向かってきた時のリスクを
懸念し、結局は日本から軍隊をなくした。そして、結局はその後の朝鮮戦争
で日本軍を廃止した事を悔やみ、自衛隊という中途半端な存在を残した。
しかし、十数年前ハワイで観光業を営む、当時、日本軍の存続を執拗に反対
したの米軍高級将校の部下だったおじいさんに聞いた話だが、その頃の日本
軍人を米軍に編入しても決して融合しなかっただろうというのがその高級将校
の説らしい。非融合の根拠は
"米兵は国民の血税によって賄われた兵器をもって国民の為に戦った"
のに対して
"日本兵は天皇陛下に与えれられた兵器をもって天皇陛下の為に戦った"
というあまりにも乖離した思想の兵隊同士が仲良くなる筈がないという事だ。
更に付加えると世界中、どこをさがしても君主一人の為に戦う兵隊など日本軍
をおいて他にない。もし、本当に総ての日本兵がそんな気持ちで戦っていたと
したら、いくら優秀な兵隊でも戦争に勝てる訳がない。何故なら
"米軍は国民の平和"の為の戦争であり"日本軍は君主の私欲の為の戦争"で
どちらが大きなモチベーションを齎すかは明らかな事だと云っていたそうだ。
長文スマソ。



106 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 02:45:54 ID:x91G0O96
>>105
上層部は手遅れだったかも知れないけど
末端の兵士だったら教育次第で矯正できそうだが
そんな単純なもんでもないのか?

107 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 09:30:06 ID:p3rq50I0
>>106
当時一般の兵士だった人とはいくらでも話したことあるけど
(15年くらい前、彼等がまだ70代ぐらいだった頃に)
彼等も普通の感情を持った普通の人間ですよ。


108 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 09:40:58 ID:KCdktg6T
>>106
政府を Our Goverment と捉えている米国人
政府を お上・主上    と捉えていた帝国臣民

この差は大きいと思うな。

日米の兵隊を比べたら、米軍では休暇制度もあったし、捕虜の権利も教えていた。
だから、米兵は兵士である前に市民だったといえる。
それらがほとんど皆無だった日本兵は徹底的に兵士でありつづけなければならなかった。

確かに強いけど、余裕がないので折れやすく脆い気がする。

米兵と日本兵を融合した場合、日本兵が指揮する米兵は反乱を起こすことだろう。

109 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 12:22:11 ID:Qmk+Y3Ia
>確かに強いけど、余裕がないので折れやすく脆い気がする。

武道で言えば大道塾の市原海樹なんかに似たものを感じるね。
ホイスに負けて人格が崩壊してしまった・・・

110 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 14:10:46 ID:p9vQrIB2
なかなか良スレ

111 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 14:35:16 ID:JrckjRki
>>105>>日本兵は天皇陛下に与えれられた兵器をもって天皇陛下の為に戦った
本当にそんな事思ってたのか?建前と本音は違うぞ。占領軍が来れば家族が大変な目にあうと思ってたのでは?


112 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 14:50:36 ID:KCdktg6T
>>111
銃器には菊の紋が入ってるので、大事に扱わないと天皇に対する不敬となって
上官からビンタを食らうことになる。

武装解除の時などは紋を削ってから銃器を提出したぐらい。
一事が万事そんな調子。したたかな人は要領でごまかせただろうけどね。

戦後、日本兵の精強さに興味を持った米陸軍は、日本軍の教育システム・対ゲリラ戦術をある程度取り入れたそうな。


113 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 14:59:11 ID:Qmk+Y3Ia
ラグビーの故北島監督は軍隊時代に上官を殴って営倉入りの罰を受けたことがある。
殴った理由は
「上官たちは“銃は歩兵の魂だ”と力説しているくせに、その魂を下の者に磨かせ
磨き方が悪いといってはぶん殴る。こんな馬鹿な話はない。」

114 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 15:19:06 ID:JrckjRki
武士っていうのは徹底的に殴ったりして育てたらしいけど庶民にそれをやられたらタマッタもんじゃないよね。

115 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 15:26:07 ID:Qmk+Y3Ia
殴られることが理不尽なんじゃなくて
いう事とやることが違うことに対して腹が立ったんでしょう。
武道の師範が「武道の道は奉仕の精神だ」と言いながら
自分では全然それを実践せず、
弟子を自分に奉仕させることの正当化に利用してるのと似ている。

116 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 15:28:42 ID:JrckjRki
>>115武士じゃない人間が武士ぽいことをやろうとするからでしょ。


117 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 15:39:26 ID:bQjAs0+I
第二次大戦の頃は日本兵は白兵戦になったら世界最強って言われてたらしいね

118 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/21(火) 16:00:51 ID:KCdktg6T
そらそうよ。

歩兵操典でも白兵突撃第一主義でバリバリやってきてんだから、そこで負けてしまったら、
取り柄がなくなるわいな。

日露戦争を神聖視しすぎたのが愚か。第一次大戦の塹壕戦を経験した他国は白兵突撃の無意味さを痛感したからねぇ・・・。

ガダルカナル戦でも白兵突撃した日本兵は米軍の砲撃や機関銃の前に倒れていったわけで。

119 :2天のM田、『サイ』 強!! :2005/06/30(木) 14:07:45 ID:ojBuWBG/0
2天のM田、『サイ』 強!! 


               |      │
              Ψ M  Ψ
              ∩(`Д´)∩
 
台湾の海軍基地で作られ、中曽根クンも怖れさせた
    2天のM田の『サイ』の型2刀について語りあおう。

                   ↓
 http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1102694713/l50   


120 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/30(木) 14:10:53 ID:V5vozgkK0
日本が共産国にならなかったのは、昔武士の階級だった人ががんばったから

121 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/30(木) 14:50:44 ID:DRQoNLE90
日本って国民性的に共産主義がばっちりはまりそうだよな。
絶対嫌だけどさ。

122 :名無しさん@一本勝ち:2005/06/30(木) 15:06:33 ID:2ijfSBhpO
月月火水木金金

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)