5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

装蹄について

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/23(土) 18:28:37 ID:uTFSOW+i
皆さんのクラブではどうですか?。私が前いたクラブは突然装蹄師サン
が変わってしまいそれから蟻洞、落鉄、裂蹄、熱持ち等
トラブルが絶えません。私の馬の蹄も変な形になってしまい
前の装蹄師サンに戻して欲しいとお願いしてもまるで取り合ってくれません
頭きて辞めてやりました。一体何があったのでしょう。
それとそんなにトラブルって起こりうる事なのでしょうか。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/23(土) 22:58:13 ID:ZzQ9vSNZ
ハッキリ言って装蹄師の腕の良し悪しは馬の生命に関わります。

競馬馬を扱うような信頼のある人に頼みましょう!



3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/23(土) 23:17:29 ID:Yb1YvItA
うちの馬も下手な奴がやっておかしくなった、事がある、
技量の差は歴然ですな〜腕の立つ人に頼みましょう、
蹄は大切にしたい、普段のメンテナンスも怠りなく!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/23(土) 23:33:22 ID:Dok6ul1S
競走馬と乗馬ではソウテイのやり方が違うので、競走馬専門の人は
あまりオススメできません

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/23(土) 23:51:16 ID:nuUm12s6
あたりまえ!競走馬専門の装蹄師は乗馬の装蹄は
はっきり行ってできないといってもいい。
なぜなら、乗馬で使うような年長馬を
競馬で扱うわけない!獣医も一緒!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 09:14:09 ID:EJJwF7FO
みんな装蹄に苦労してるんだね、
運よくうちの馬をやってもらってる人はイイ仕事してますねぇ
個体や用途に合わせてこまめに調整してくれるし、普通の時は45日周期で交換してる。
やや長めかも、経費節減

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 09:37:13 ID:/Tx21zF3
>5
そんなことはない。蹄の状態は千差万別、その馬の蹄質や歩様の癖を判断して
適切な削蹄と造鉄ができれば、競走馬も乗用馬も仕事は一緒。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 10:06:21 ID:SguKVYR9
>>1
私の馬 は自馬ですか?
自馬なら預託契約書に削装蹄に関することは載ってたのでは?
「日常の予防接種や装蹄は乙が行い、掛かった費用を甲に預託料と併せて請求する」
や「その他双方協議をもって解決する」と。
良心的なクラブだと、装蹄師は1人だけ専属でなく、2人以上つけてますよ。
ただ、前の装蹄師が良いとなると交通費等一人で被ることになりますが・・・
装蹄師の交代はよくあることですよ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 22:44:16 ID:MN1s6Jbr
>8 もちろん自馬です。そのクラブの規約にはオ-ナ-が負担すること
   ぐらいしか記載されていませんでした。万事がその調子で
   交代の理由もハッキリせず、明らかにレベルダウンしてました
   しかも絶対変えないと言い張られました。まあ今はカンケ-ないけどね。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 23:29:32 ID:4W8elrtG
>7
そんなことは無いわけが無い!
競走馬と乗馬は根本から違うので仕事が一緒な訳が無い。
適切な削蹄と造鉄?削蹄はわかるけど、造鉄?
造鉄して修正して装蹄している装蹄師なんかいないぞ!
造鉄なんて装蹄師の試験のときだけだよ。
大体、競走馬も乗馬も装蹄が一緒なんていっているなんて、
言っている事が20年は遅れているね。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 00:20:44 ID:SmbqvRTc
>10
あのなー、鉄を叩いて馬の蹄底に合わせることを含めて「造鉄」というんだよ。
勉強しとけ、このボケ野郎が! 競馬でも日常用とレース用で装蹄が違うが、
乗馬だって一流の競技馬は競走馬以上の装蹄をする。装蹄だけじゃなくてツメ
全体のケアを含めてだけどな。ま、10が住んでるド田舎じゃ知らないのも無理ないか(W

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 00:39:03 ID:+qzEYtED
>11
あのよー悪いけど俺は装蹄学校出身なんだよ。
造鉄ってのはな、鉄幹から蹄鉄を作る事をいうの。
蹄に合わせて鉄を曲げていく事を修正と言うのだよ。
それと、競馬の装蹄はニューム鉄を使うし、競馬法によって
使える蹄鉄も限られているし、削蹄にしたって競馬は直線のスピードを
求めるもので、乗馬に比べて複雑な動きが無いから護蹄がまだ中心なの。
乗馬の装蹄は動きが複雑で、直線運動と曲線運動と捻転の力がかかるから
違うものだと言ってんの!
あんた馬鹿じゃないの?大体競馬で連尾鉄とか、鉄橋蹄鉄とか、
パッドを使えないの知ってる?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 02:39:38 ID:KY+kpiRS
友春ウザイ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 07:47:56 ID:6ek0cyxh
脳内装蹄学校ですか(w ま、想定の範囲内だけどな。

98%の競走馬は兼用鉄じゃないの? それに動きにあわせた
違いは馬の個体差による調整を超えるほどのものじゃない。
つまり、乗馬と競馬の違いより、馬による差のほうが大きい
から、乗馬も競馬も装蹄の基本は一緒。矮小化した違いを
ことさら大きく喧伝するのは耳学問の域を出ていない証拠。
ま、装蹄ガッコ行っててもつかえねー鉄屋は多いからな。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 08:58:17 ID:6ek0cyxh
>あんた馬鹿じゃないの?大体競馬で連尾鉄とか、鉄橋蹄鉄とか、
>パッドを使えないの知ってる?

ひとつだけ教えてやろう。競馬法(正確には競馬施行規則)で決められている
蹄鉄の種類は、あくまでレースで使えるものだけ。日常の調教や休養中には
トレセンの規則に反しなければ連尾鉄とか、鉄橋蹄鉄も必要に応じてOKだ。
キザミは危ないからダメな所が多いと思うけどな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 13:09:29 ID:e1kk+4XP
>>12

漏れもテツヤの端くれだけどさ、講習会で「修正」は「造鉄」の範疇だと習った覚えがある。
修正に必要な技術はすべて「造鉄」に集約されてるから、とかいう理由だった気がする。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 15:10:29 ID:lBW2Oehb
傍から見てたら>>14が馬鹿。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 22:33:38 ID:dRH3V6hC
>14

> 脳内装蹄学校ですか(w ま、想定の範囲内だけどな。

ワロタ、上手いね

19 :8 :2005/04/25(月) 23:31:52 ID:OdB6CFXy
>>9
普通はレベルアップするものですが、クラブと鉄屋の間でなにかあったのでしょう
ダウンするのは弟子が独立して仕事をまわすときですが、普通は乗馬クラブが預託馬の
オーナーに意向を聞くべきですね。(仕事がひどいと切られるが)
乗馬クラブの経営者に装蹄師のことを聞くと「うちは全部××の○○にお願いしてる」
と有名装蹄師の名前を自慢げに言いますが、あれは十分クラブの価値になってますね。
契約書は競走馬のと比べて乗馬はいい加減だったり、全部乗馬クラブに任せるみたいな
契約を見ますが、「バカにしてるのか」と感じることもあります。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 00:02:51 ID:Ibq6bdS8
クラブの価値になるほどの装蹄師なんて素晴らしい。今は良い人にお願い
する事が出来る様になったので少しずつ治療しています。が、時間はかかる
みたい。そんなに長い間苦しめてしまったのだなあ。もっと早く喧嘩してれば。
まだ残って我慢してる人もいる。



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 22:56:41 ID:v4Laul+p
自称装蹄学校出はどうした?

22 :8 :2005/04/27(水) 23:26:05 ID:ovmqTDAu
>>20
早く治ればよいですね。
頑張ってください。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 23:48:27 ID:NbunXzCs
うちの馬みんなぎどうになった。どうすればいいですかね?
馬房はきれいなんですが・・・・。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 23:56:26 ID:od2da978
蟻道は、装蹄だけの問題ではなく、飼料、ミネラル、運動不足などいろいろな要因があります。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 11:34:03 ID:e4hBthtt
昔は蟻洞はなかったときいているが・・・。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 18:47:08 ID:0DyMbZvu
みんなギドウとは…。
養分が足りないのでは?!

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 18:58:03 ID:IfAKSaYv
ギドウや蹄葉炎の原因は栄養過多、おが粉に含まれる菌などが考えられる。人でいう水虫のようなものと考えてくれたまえ。自己満足で餌をあげる自馬に多く見られる。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 19:05:48 ID:IfAKSaYv
人は予防しかできない。馬を壊さぬよう謙虚な気持ちで馬に接しなさい。これができない者は馬に乗る権利なし。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 23:05:04 ID:PXGecSyR
またまた前のクラブの話ですが、そこの経営者は蟻洞は菌が
原因だと思い込んでいる。確かに原因の一つだけどチョッと調べれば
原因は絞れないし決定的な治療法も確立されていないのがわかるだろうに
そんな事言ってた。休養馬にてんこ盛りの飼葉なんぞ与えて。
それじゃあ血液とか濃くなりはせんの?。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 23:31:43 ID:IfAKSaYv
なるに違いない。ではなぜ血が濃くなると蹄に悪いかわかるかい?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 23:49:01 ID:IfAKSaYv
ドロドロの血は蹄の細い血管を通れない。よって蹄は機能を失い、蹄骨が墜ちるなどの症状が起こる。このことから人は栄養と運動のバランスを馬によって考えなければならないことがわかる。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/29(金) 13:30:50 ID:87hpmn2P
馬は運動することによって蹄の網細血管の血流をなんちゃらかんちゃらって聞いたことがあるなぁ…第二の心臓?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 21:09:18 ID:e+VVrQXy
まさにその通りです。皆さんの持っている知識、聞いた話など
もっともっと教えてください!!。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 23:07:14 ID:JoIpcwM+
    r、ノVV^ー八
                 、^':::::::::::::::::::::::^vィ       、ヽ l / ,
                 l..:.::::::::::::::::::::::::::::イ      =     =
                    |.:::::::::::::::::::::::::::::: |     ニ= 池 そ -=
                  |:r¬‐--─勹:::::|     ニ= 田 れ =ニ
                 |:} __ 、._ `}f'〉n_   =- な. で -=
  、、 l | /, ,         ,ヘ}´`'`` `´` |ノ:::|.|  ヽ ニ .ら. も ニ
 .ヽ     ´´,      ,ゝ|、   、,    l|ヽ:ヽヽ  } ´r :   ヽ`
.ヽ し き タ ニ.    /|{/ :ヽ -=- ./| |.|:::::| |  |  ´/小ヽ`
=  て っ カ  =ニ /:.:.::ヽ、  \二/ :| |.|:::::| |  /
ニ  く. と な  -= ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /|
=  れ.何 ら  -=   ヽ、:::::::::\、__/::.z先.:| |' :|
ニ  る と   =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|'夂.:Y′ト、
/,  : か   ヽ、    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::_土_::|  '゙, .\
 /     ヽ、     | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|:半:|.ト、    \
  / / 小 \    r¬|ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 23:19:47 ID:JoIpcwM+
 / ̄⌒⌒ヽ
      | / ̄ ̄ ̄ヽ
      | |   /  \|
    .| |    ´ ` |
     (6    つ /   誰だよその装蹄師・・・
    .|   / /⌒⌒ヽ
      |    \  ̄ ノ
     |     / ̄

  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |
           /   ヽ      :..



36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 23:25:51 ID:JoIpcwM+
 _______________________
<どこのクラブの話なのかおじさんに話してごらん 」     
 
                  _,,,,,,,,,,,,,,,_
                   ,ィイリ川川彡!ヽ
                   /ミミl川川川川三ヽ
                  iミ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾミ!
                    iニ!         iミ!
                 ヾ! ,.= 、_  __,,,..、 iリ
                  }ト.{-ェ:ュL_.」,ィェュ}/!:7   
                  l.| `ー‐'´ `ー‐ ' .! }     
                     l  /L__ 」、   l‐'  
               __,. -‐ヘ  --''''--.〉 /─- __ ̄
          _ -‐ ''"   / \     /!\    ゙̄ー- 、
         ハ       /   |ヽ ̄ ̄//  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
           |   |     _>  レ'-、 r‐/   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     | 厂L/     /     i  .∧
       / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ
       ハ   ヽ |      ヽ    !  |   /      |   /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | ./  /       |   // \
     /     \ |       \ ∨  /          | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   | 

37 :8 :2005/04/30(土) 23:57:10 ID:Q6GbMeug
蹄キ(機?)だったかな?>>32
乗れなくても自馬は正しい常歩の曳き馬をしに行ってあげましょう。

蟻洞ってほとんどが初期の蹄葉炎でしょ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 00:43:18 ID:7pmzBLUr
えさに土混ぜるのって何か効果ありますか?
藤沢厩舎土混ぜてたんだけど・・・。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 02:03:02 ID:vsgIhBPX
なんか変なカキコする人が出てきた。どっか行け。
大迷惑。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 02:13:52 ID:nDHBokWo
とある乗馬クラブオーナーが装蹄に悩んでいて
そのクラブ指導員の家族が競馬関係者だった事もあり
どっかにいい装蹄師はいないかと問うたところ
あ〜食いつめた装蹄師だったらいっくらでも競馬場にゴロゴロいますよ〜
なんて平気で答えていたのでビックリした事がある

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 21:24:50 ID:ME9UbICl
>>49ただでさえこのスレ堅いんだからちった多めにみろよ

42 ::2005/05/02(月) 00:06:53 ID:4/mmVApz
未来を語る

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 00:24:57 ID:dH3YZ/y1
>>38
馬が自分で食ってるのはミネラル(銅・鉄分・塩分)の自己補給とは言われてますが、
あえて混ぜるのは特殊な土なんでしょうね。

ちょっと話変わるけど、蹄のスレなので、書き込みます。
昔(15年位前)GTを勝った某有名馬の厩務員が、その馬の蹄に水分補給をして裂蹄の防止を
するため、保湿性の強い信楽の土を詰めていたと聞きました。
しかし、その後色んな装蹄師に聞いても、その話は知っているものの、他に負の要因があるからか
実践している例は聞きません。
どなたか裂蹄防止に実践している方いますか?



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 01:07:03 ID:4/mmVApz
蹄油

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 12:43:23 ID:s4dLienv
>39
知識不足を露呈した自称装蹄学校出だろ


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 22:55:01 ID:HXwjijjB
蹄って水分とらせたほうがよかの?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 00:01:54 ID:vRFVCx4E
何でも適度がよいのでは
外国(ヨーロッパ)では空気が乾燥しているせいか、「水分補給のために蹄底に
に蹄油は塗るな」といわれた。
日本では「保湿のために洗ったらすぐに蹄油を塗れ」と言う人もいるし、
「手入れの最後に塗れと言う人もいる」
自己判断で、冬場は早く塗って、夏場は最後に塗って見てます。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 20:53:34 ID:diCWg1GQ
今、主流はとにかく乾かす事だと言われている
で、そうしてます。梅雨に向けて特にそうした方が良いとのこと。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 23:11:03 ID:/vjjmVxu
日本の場合、夏と冬で環境が全然違うから一概に言えないんじゃないかな・・・
梅雨〜夏は蹄は乾かす方針でいかないと、ボロボロになってくる。
冬は裂蹄の畏れも高くなるので蹄油塗らないとあかんだろうし

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 22:11:39 ID:6OXPiykW
マテ、水分とらせない方がいいなら蹄油塗るべきじゃないのか?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 22:16:19 ID:9ysGqVFf
蹄油は蹄壁部の水分保持が目的だが


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 23:41:31 ID:buDlwMv4
蹄油はしっかり乾かしてから塗ります。
それから乗る前にも塗る様にしてます。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 08:54:43 ID:rXnYKxJT
洗い場を長時間占領できないビジークラブじゃ、濡れたまま油塗るから蹄がおかしくなる

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 16:23:56 ID:ZtnACEOu
…うちはサラダ油の廃油塗ってる…orz

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 18:07:18 ID:rXnYKxJT
どこもそんなもんだろ 天カスは取っておけよ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 21:47:35 ID:YutmLJYF
そ−いやぁゴマ油塗ってた人いたわ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 09:38:18 ID:UA9CPZzd
流石に天かすはまざってるの見たことないや(´ー`)

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 23:16:09 ID:xdsobDrs
うちでは基本的に蹄は乾かす、そしてひび割れしないように蹄油を塗る。
・・・ってこれどうなのさ?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 23:18:34 ID:x/ztrdrT
それが正解

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 23:33:13 ID:xdsobDrs
想像を超えた脊髄反射サンクスコ
馬房内は多少なりとも湿っているもの、必ず蹄油塗ってから入れるようにしてまつ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 15:38:07 ID:TgDUf5YO
俺は蹄の裏タオルで拭いてから蹄油塗ってる。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 16:16:41 ID:PEgsmDbI
それじゃダメ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 22:55:44 ID:nE/MqWQ1
「この蹄油はすごお-くイイぞ〜」というのがあったらお教えくだされ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 10:49:40 ID:8KZ5LI6g
馬油はいいねぇ、高いけど パチもんはあかんで

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 22:46:33 ID:qZ/RgX6M
一番良いのはオリーブオイルにラー油を浮かべて煮たものって聞いたけど

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 15:59:37 ID:WTy5M/rY
…マヂか(w

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 21:44:18 ID:mWSDXm6i
自作自演の香りがスル

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 23:36:39 ID:VOIM1dJW
装蹄師ってもうかるんですか?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:50:22 ID:s0fi4bfA
蹄叉腐爛の馬にタールスプレー使ってたら2ヶ月ぐらいで良くなったかな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 23:04:26 ID:OP/DQ31o
蹄油にオリ−ブオイルをブレンドしてた事もあったけど
あれって効果あったのかな。
もちろんエキストラバ−ジンオイルつかってたんだけど。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 00:08:11 ID:dE+36TWY
むしろ「もちろん」がつく意味がわからんわけだが。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 22:47:50 ID:QLBguAKX
「蹄にいい」とかいうサプリ最近いろいろ出てますが
これはおすすめ!ってありますか?

73 :70:2005/05/20(金) 23:15:39 ID:0sRSesGP
ようするに
良いものを使ってやろうと言う気持ちがあったコトを
表現したのですが。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 23:59:03 ID:on3SynHr
エキストラバージンは飲み食いした場合に良いのであっ(ry
考え方は人それぞれということで。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 16:00:24 ID:dQCLMuV2
野生状態の馬は何故蹄の手入れが不要なんでしょ?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 16:10:57 ID:x5GFCgLc
無理な運動させないから

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 16:13:25 ID:NcDBVSeg
>>62
ダメな理由が知りたい。
ウチでは蹄叉にも蹄油を塗るように教わりましたが・・・

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 18:56:00 ID:gIaZ7135
>77 62ではないが・・・
日本は湿気が多いから、英語で蹄底に塗ると書いてあっても
塗らないほうがよいこともあるってこと。
タオルで拭いたぐらいでは、湿気を蹄に閉じ込めてしまい、蹄を傷める一因になる。

>75
野生の馬は鉄履いてないし、厩舎に閉じ込められていないから、自然に削れる。
また、野生のサラは存在しない。
サラは永年の改良によって早く走れるようになった反面、蹄だけでなく、
人間が手を加えないと健康に生きることもできなくなってしまった悲しい動物。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:51:38 ID:YjGnZ6Km
在来馬は裏掘りすらしなくても平気らしいすね。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/26(木) 13:18:07 ID:R6HZToJE
>>78
>タオルで拭いたぐらいでは、湿気を蹄に閉じ込めてしまい、蹄を傷める一因になる。
っていうのには同意だけど
湿気が多いから塗った方がいいんじゃないの?


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/26(木) 22:28:58 ID:Vc1P4HW/
育ちの悪いサラは当才の時裏堀りすらされてないから馴致大変だね。

82 :本職ですよ。:2005/05/27(金) 00:35:50 ID:ehFWjmKc
蹄油を塗る理由について。保湿が第一です。自分の手に置き換えて考えてください。
蹄の状態を診ながら塗ることが重要ですよ。蹄油には他にも余分な水分の吸収を
妨げる効果もあります。使っている蹄油の種類によってかわると思います。
寝藁を使っているのか?オガを使っているのか?馬場の状況(水分)等、その状況
に応じた物がいいと思います。
などと書きましたが(確かに重要なことですよ)、蹄冠部をマッサージすることが
重要です。良いといわれる蹄油の殆どが硬く粘りのあるものです。つまり塗りにく
いのです。結果的に蹄冠部のマッサージが行われるのです。

蟻洞の原因については、栄養の取りすぎによるドロドロ血と言うのは確かに一因です。
他にも葉状層先端部の血行障害があります。他にも外傷とかいろいろです。
葉状層と言うのは蹄と蹄骨を繋いでいる部位です。
その先端部位の一歩手前にあるバイパスが開きっぱなしになることでもおきます。
原因は不明です。バイパスは血量を調節する為にあるので、暖めて血流を
良くすれば良い、冷やすことにより先端部位に血を送らせるなどの説があります。
説明が蹄葉炎と絡んでしまいましたが、基本的には同じです。
蹄葉炎は葉状層の剥離が止まらないもので、蟻洞は止まったものです。
そして剥離した部位にラメラーウエッジと言う液体が流れ込み、その部位を補おうと
します。ラメラーウエッジは固まり柔らかい蹄みたいなものになります。
そのラメラーウエッジに菌が感染し、ラメラーウエッジを侵食してしまいます。
そしてラメラーウエッジが無くなり空洞化したものが蟻洞です。
スラッシュバスターという薬が有効です。感染部位を徹底的に除去し焼くことも
有効です。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/27(金) 11:12:45 ID:egzklTGE
私の乗った後の蹄の手入れは、

鉄爪とブラシで泥を落とす
濡れタオルでゴシゴシする(蹄叉部分も)
蹄油を塗る

としてます。
馬房に敷いてあるのはオガ粉なので水洗いはしないようにしています。

やっぱり水を使ってジャブジャブ洗った方がよいのでしょうか?
これからは暑くなるので丸洗いしたりもしますが・・・

84 :本職ですよ。:2005/05/27(金) 22:58:18 ID:ehFWjmKc
蹄はできるだけ清潔にして下さい。特に蹄底に物が詰まっているのは、良い事では
ありませんね。蹄叉は萎縮していき、少なからず蹄底も圧迫を受けています。
汚れが落ちれば洗い方はかまわないと思います。
ただしお湯で洗う場合は、乾いていく中で蹄壁の水分が一緒になくなってしまい
ます。水で洗う方が安全ですよ。
大げさになってしまいますが、表面が乾燥してしまうと蹄内部との水分量の差で
裂蹄の原因にもなりかねませんよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 23:22:45 ID:rX/bltbp
丸洗いの前に蹄油塗る人が多くなってきた今日この頃

86 :馬鹿です。:2005/05/31(火) 20:23:18 ID:NkHw1fBo
84 本職さん、あんた馬鹿だね、へへへ。  勉強不足、最低、えらそうな事いってますね。
本に書いて有る事はいいから 実践で通用する事書いてみな。馬鹿は長年の経験で蹄油
なんも意味ないね、だって30年蹄油使った事無いけど、問題ないよ、逆によそのクラブから来た馬君たちに問題ありだね。
結論は蹄油なんてどうでもいいの。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 22:00:36 ID:Dv4uDFTY


>>結論は蹄油なんてどうでもいいの。



88 :本職ですよ。:2005/05/31(火) 22:13:28 ID:96PSO0mH
なにか質問してください。
後は書いてあることをよ〜く読んでくださいね。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 22:38:47 ID:b3Sph8Zv
本職と、名乗る野郎に本物無し

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 00:14:23 ID:eM9/7H3J
馬の個体差もある。
乾きやすい馬なのか、腐りやすい馬なのか
臨機応変に。。。

91 :本職ですよ。:2005/06/01(水) 00:53:17 ID:WpLf8akx
こういうのにうといものですいません。2チャンネルにもやっと書き込めるように
なりました。この世界では「本職と、名乗る野郎に本職無し」と言われるのですね。
以後気をつけます。90さん有難う御座います。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 11:52:25 ID:2kAfhm87
>91

2ちゃんの世界だけじゃないだろ。ウマ業界だって、オレがオレがって手合いに限ってロクなヤツぁいない

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 11:58:16 ID:DLstvtWP
のっぽの高○装蹄師は最悪。試合の一週間前に装蹄するとか言い出して、あげく失敗してびっこ。
2日後にやりなおし。今度はさらにびっこ悪化する。3日後またやりなおし。
ようやく治る。あさって試合。馬運動できず。でも大きい試合。
まあなんとかしのいだが… おまえには頼みたくないね

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 22:27:03 ID:WpLf8akx
高○装蹄師さんを庇う訳ではないのですが、びっこというのは蹄が着けないと
いうことですか?(他にも方が出ないなどの症状がありますが省きます。)
蹄は熱をもっていましたか?肢動脈は高かったですか?
もしそうであれば、装蹄をしてすぐからではなさそうなので(翌日からですか?)
釘傷は省きいます。かいたつ釘傷も考えられますが、一回目の直しの時に気が付く
はずです。何か膿のようなものが出るでしょう。
蹄底圧迫とザセキが怪しいのですが、直しても酷くなると言うのであれば、
ザセキが怪しいですね。もし蹄底圧迫ならばトータルで5日間圧迫を受けたことになります。
試合に出れるほど回復するとは考えにくいですね。
ザセキは人間で言う血豆です。それが腫れようの無い蹄の中で起きます。
ザセキが起きてから症状が酷くなっていきますが、暫くすると落ち着きます。
経過は似ていると思います。その後削蹄した時に蹄底からなにか膿のような
ものがでましたか、もしくは変色した個所がありましたか?

書いてある状況から推測しただけですので鵜呑みにしないで下さい。
他にも診てみなければ分からないことはたくさんあります。
本当に装蹄のミスなのかもしれません。ですが何でも装蹄師のせいにされて
しまいがちです。
装蹄で出来ることは崩れたバランスを直すことです。
起きるミスは主に圧迫と釘傷です。蹄鉄と蹄の間でほとんどの問題が起きて
いると思います。乱暴な言い方ですが、蹄鉄と蹄の間に問題がなければ殆どの
削蹄でのバランスの狂いは、馬がなんとかします。地面が凸凹なのと変わりが
ないのですから。一本下駄のような蹄鉄もあります。その鉄を履いても暫くすると
馬は対応します。

私をやじってもしょうがないですよ。私としてはディスカッションがしたいのです
が、どうでしょう?大きなお世話なら退散いたします。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 22:33:23 ID:N3pQ+jv8
半年ぐらい前だから詳しくは覚えてないが、そうてい前は爪の状態は見た目
にはけっこうよかったはず。びっこ=はこうです。

そうていした次の日の運動でわかりました。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 22:37:15 ID:fYoJ5OsJ
         _,,..,,,,_
        ./ ,' 3  ̄ ̄ つ
        l   ⊃     つ
         `'ー---‐'''''" ̄
94をたたいた人にはバチが当たります。
悪くすると死んでしまうかもしれません。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 19:38:14 ID:vqCEhgCt
そうですか半年前では記憶も厳しいですね。
今後の為にびっこが起きた時にチェックしなくてはならない項目を
挙げておきますね。(分かりきったことをと怒る方もいるかも知れませんね。)
・いつからか
・蹄に熱はあるか(4肢で比較してください。)
・脈は高いか(4肢で比較してください。)
・馬房からの出足はどうか(出足の数歩に注意)
・馬場の状況によるびっこの変化(硬い所と柔らかい所)
・その馬の癖(蹴る・揺する等)
・びっこ前の運動状況
・馬が休んでいる時の体勢
このようなことが分かると原因の特定が早くなり、対応を取りやすいと思います。
また、このようなことを聞かない装蹄師(獣医師も)はどうかとも思います。


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 20:25:38 ID:TDPIoEOB
ぎどうってどんな馬がかかる病気なんですか??どなたか教えてください。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 21:50:43 ID:XAezylca
キトウ? 亀頭?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 22:26:56 ID:vqCEhgCt
>82参照してください。
どんな馬ってもしかして「馬」のことですか?
全ての「馬」がかかる可能性はあると思いますが、細かく言えば白線の幅が
約1センチ以上あれば規模の違いはあれ蹄葉炎とされます。
その部位が菌に侵食されたものがぎどうです。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 00:08:21 ID:zypI/dsq
>100どうもありがとうございました。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 06:48:19 ID:2j3+qP0c
ここには 真面目に勉強してきたテツヤさんがいる様ですね。頑張ってください。
ちなみに私は蹄底に蹄油を塗ります。馬のボロや尿は、強アルカリ性で蹄には良くないらしく、馬房内で踏んでも直接触れないですむ様にと教わりました。
それと手入れ時には鉄の減り方、蹄の高さなどにも注意するよう言われてます。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 13:05:17 ID:tGx/Ov+l
てか、冠毛ギリギリまで塗った方がいいんでしょ?新しい組織だからかな〜?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 15:21:38 ID:Gdbo6n/5
一センチくら空けるが吉

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 18:00:43 ID:QE3pwpmK
昔はそう言われてたけど今は上まで塗ってヨシ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 21:01:47 ID:OxXlJP26
>>104
鉄や には「昔は蹄油(廃油)の質が悪かったから蹄冠部に塗らなかった」
ときいたよ。
良質の蹄油なら塗ぬった方が良いらしい。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 21:11:38 ID:Axq5PMOV
蟻洞とはカワイソウナうま達がなるビョ−キなのれス。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 00:13:41 ID:qEFPPw/X
蹄鉄の減り方について少し説明します。
肢の動きを想像してください。
1・着地をして肩(だいたい腰角)の下に蹄が来るまで
2・肩(だいたい腰角)の下の蹄が地面を離れるまで
3・地面を離れた蹄が、着地するまで
大まかに3段階に分けます。肢の付け根から体の重心にかけて力は発生します。
前肢の場合2の時に、後肢の場合は1の時に力を出します。
そういう理由から前肢と後肢では、蹄鉄の減り方がかわります。
前肢は主に鉄頭部から鉄唇にかけて、反回時にも力がかかりますので鉄唇
のきわが一番減ります。
後肢は主に蹄鉄の真中辺りから鉄唇にかけて、反回時には力はかかりません。
イメージ的には蹴っている感じが強いですが、1の時の惰性です。
蹄鉄の真中辺りから鉄唇にかけて、摩り下ろしたように(全体的に)減ります。
研究所では蹄鉄を全体的に減らす方が良いとされていますが、現場では腰が甘い
からではないかと言われています。微妙なところです。

ここからが本題です。変な減らし方の原因について。
色々意見はあると思いますが、私は馬の体調が一番の原因ではないかと思います。
肩が出ない、腰がだるい、開いて立つなどの他、体に悪い所や疲れている所が
あるためにきちんと歩けない。その為に蹄鉄の変な所が減り、蹄が不自然に潰れる
と思います。

>94で蹄のバランスについて書きましたが、「馬が何とかしますと・・」少し
付け加えます。馬が何とかするにも限界があります。慢性的に(何ヶ月も)バランスが
狂ったままでいると、芯からジンワリ故障が起きてしまうので注意してくださいね。

よく「1ミリの狂いで・・・」なんて言われますが、1ミリも狂っていたら大変です。
私はその10分の1の狂いも無いように装蹄をしています。
オーナーはそういう所も気になると思います。もし気になるオーナーがいるのでしたら
なるべく短い期間で装蹄を行うようにして下さい。1月も経った蹄の狂いは、1センチ
以上はありますよ。その上蹄鉄も減っているのですから・・・。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 00:15:05 ID:e/weGNR7
あなたがどんなそうていしか知らないが1ミリの狂いなど普通に
ありまくると思われ。何を基準に誤差を測るんだ?そうてい場は1ミリの狂いも
ない水平なところですか? 水平でなくてもカンと経験で1ミリの誤差が
わかるのですか? 上の発言は過言と思われます。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 01:28:54 ID:w9UIGqwy
上手く伝えるのは難しいですね。
まず何を基準にですが、肢には肢軸と言う肢の軸があります。
馬の体から地面まで支えている肢。それを如何に上手く支えられるようにするかが
装蹄の本質だと思います。
想像してください。ジェンガと言うバランスをとるゲームがあります。
装蹄はそれに似ています。肢に負担がいかないようにしながら、馬体のバランス
を上手く取れるようにしてあげるのです。

1ミリの差についてですが、あなたは職人の世界を知っていますか?
装蹄師ではなくてもかまいません。職人の世界と言うのは機械では出せないような
精度が出せるのですよ。精度を確認できる誰でも分かる方法を教えます。
蹄鉄を釘でつける前に以下のことを確認してください。
・4つ全ての蹄鉄の接蹄面(蹄に付く方)同士を合わせて下さい。
 蹄鉄が平らか確認できます。
・焼付けをする前に、蹄と蹄鉄の密着を確認して下さい。
 焼付けをすると削蹄面が溶けた状態にちかくなり、密着しやすくなって
 しまうのです。焼付けをしても全面が焼けていないものは駄目です。
 削蹄を誤魔化してしまうと焼付けを否定しているのではありませんよ。
 焼付けは密着を高める、殺菌効果、強度アップ等の効果があります。
 詳しくは装蹄師さんにお聞きください。

隙間があれば駄目ですが、それを確認するのは装蹄師さんも嫌がると思いますし、
あなたも言いにくいとも思います。出来れば本当に疑わざるをえない時意外は
避けた方が良いと思います。信頼関係にヒビが入りかねません。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 02:49:34 ID:rS3EFGNb
競技馬中心に装蹄してる知り合いの装蹄師も、削った蹄の薄さが向こうが透けて見える程でも、それを削るか削らないかで全然違うと言ってました。
装蹄に詳しい訳ではないので、書き込みされてる装蹄師さんの言うことがすべて正しいかは分からない。
でも職人が機械では出せないような精度が出せるというのは正しいよ。

>>110
これからも有意義なお話お願いします。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 10:13:23 ID:DLE9qcI4
なるほど。参考になりますた。
しかしあのそうていしはそれもできないのか・・・
二度と頼むか 今度あったらガツンと言ってやってくだされ。

113 :111:2005/06/09(木) 13:43:35 ID:rS3EFGNb
>>111の訂正
×でも職人が機械では出せないような精度が出せるというのは正しいよ。
○でも熟練した職人が機械では出せないような精度が出せるというのは正しいよ。

職人ならだれでも、と言うわけにはイカナイ。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 22:34:30 ID:w9UIGqwy
確かに職人にも色々いますのでご注意を!正しく見極める目と知識を得てください。
くれぐれも言葉に誤魔化されないように、つじつまが合わない説明などを勢いで
誤魔化す技も持っております。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 23:20:37 ID:MabWflI6
いつのまにやらすっかり専門ぽいスレになっていてびっくりした。
ただの傍観者になってましたよ。
あのですね。ここでどれほど素ん晴らしい理論を展開しようと、
知識を披露しようと、実際に行われている事の前では残念ながら
書き込みにすぎない。
そんな精密マシ−ンのような装蹄師が一体どれほどいらっしゃるのでしょう。
いやな目にあった者なら猜疑心もつよくなるというものです
こちらが誤魔化されるつもりがないにしても、聞く耳もたぬとか
出来ないとか言われた日にゃあ、乗り手やオ−ナ−はど-すればよいとゆ-の?。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 23:56:10 ID:w9UIGqwy
そうですね。どうすりゃー良いんでしょう。あることはあります。
装蹄師に負けない位の知識を身に付けることですね。非常に大変な事だとは思います。
私ども装蹄師も>>115さんと同じことを思うことがあります。
獣医さんとの意見が合わないときです。そんなときははど-すればよいとゆ-の?
と思います。方法は1つ。獣医に負けない知識を持つことです。
他には方法は無いでしょう。 上手いこと書けなくてすいません。
乗馬の世界では仕事に責任を持たない装蹄師さんがそんなに多いいのですか?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 00:46:55 ID:Fno/Uk9N
>>115 さんの言うこともわかるな。
それに縄張りというか、ある装蹄師に頼もうと思ったら、自分はいいけどそのクラブに出入りしてる装蹄師がなんというか。。。
みたいなこと言われた人がいた。
>>1の話も、自馬なのにクラブが決めた装蹄師以外頼めないって話みたいだし。
それだからいい加減な装蹄師も食いっぱぐれがないのかも。

>乗馬の世界では仕事に責任を持たない装蹄師さんがそんなに多いいのですか?
>>116さんは競馬の方ですか?
乗馬の世界では、新しい技術や理論等を勉強しない、古い装蹄師も多いように聞きます。
バカ高い外産馬を買いながら、装蹄には金を掛けないと言い切った選手もいますしね。
クラブのオーナー自身が無頓着だと、>>1さんみたいな事もあるかもね。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 19:50:33 ID:HAnTkS17
はあ? そうていしに負けないほどの知識?? そんな暇あったら別の
そうていしに仕事任すわ!! こっちは高い金払ってんねんぞ。
なんのためのそうていしやねん。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 23:00:16 ID:cGBGDAOP
>118
そうホイホイと替えがいるほど良いと言われる装蹄師さんていないでしょ?

良い評判を持った町医者に行ってがっかりする患者さんがいるように
装蹄であろうと獣医であろうと受ける側にそれないの知識が必要。

高い金払っているんでしょう?

良いか悪いかぐらい自分が納得できる判断基準を持ちましょうよ。
そんなん無いのに、あれはいいとかこれは良くないとか
とやかく言うのは、どうかと・・・

無能なら、言いなりになっているが吉。
所詮、極小世界な訳ですから・・・
オーナーが無頓着だと、場所替えるのが良いね。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 23:32:19 ID:xRkEvRMF
料金の話が出たので勇気を出して聞きます。
装蹄代は高いですか?仮に1頭装蹄して1万3千円だとします。
鉄をはずし、削蹄をし、鉄を合わせ、釘で締める、技術料は8千円くらい
でしょうか。装蹄をおこなっている方から見たら、決して高くないと思いますよ。
十数年かけて身に付けた技術であり、いつ怪我をするか分からない危険な仕事です。
高いと思っている方、一度体験してみてはいかがでしょう?
気分を害されたらすいません。でもいい経験だと思いますよ。
皆さんは幾らで装蹄してもらっていますか?

私は近いうちに「装蹄師と獣医師が共同で馬をケア」することをはじめようと
思っています。みなさんの意見が聞きたいです。
いま装蹄師・獣医師にしてもらいたいこと、言いたいこと何でも良いです。
参考にさせてください。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 17:14:18 ID:NyilDexD
>「装蹄師と獣医師が共同で馬をケア」はかなり難しいことです。
 技術を持つ職人になるほど双方の間に温度差があるような気がします。
 日本の場合、乗馬も競走馬も一部を除いて調教師や馬の管理者は、
自身に判断力と知識が無いため、獣医師や装蹄師に任せていたり、お伺い
しているのではないでしょうか。
 馬を管理するのが調教師、それをサポートするのが装蹄師と獣医師
と思います。
 青木修先生のような両方の知識を持った人が必要では?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 17:29:18 ID:pDoC5ieE
装蹄によって馬に異変が起こってる事がわからないクラブオーナーが
私のイントラです

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 19:35:54 ID:nMuCguRX
ぬるぽ

124 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/11(土) 20:21:41 ID:fpYeIkMS
>>119
バカな発言も甚だしい。口を慎みなさい。
私みたいに装蹄師をとっくに替えた人も多くいます。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 21:17:49 ID:nF6Vfhqu
払っている料金うんぬんではなく、納得できるかできないかではないでしょうか。
私が前のクラブで払っていた金額と今お願いしているトコの金額は同じです。
でも私の様な素人でもその違いはわかりますよ。
「そ−ですよ!。元々そ−ゆ-ツメしてたんですよ-このコは」て。
その差は歴然。「高い金払ってるんでから・・・」とゆ-のは
乗り手や馬主の言い分としては当然ではないでしょうか?。
こちらは納得できないわ、馬は痛がっちゃってるわ では
全くお粗末すぎて目も当てられない。

知識を身につけることができたとしても、
「素人が偉そうに生意気いうな」と言われるのがオチでしょう。
一般的に職人てそう言う気質でしょう。



126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 22:22:53 ID:jPftNf7U
>120
装蹄師と獣医師の間に明確な上下関係があるなら上手くいくでしょう。
装蹄師が二人いれば、一頭の馬の削蹄方針について見解が異なるはず。
同じ価値観や知識背景を持って共同でケアするというのは理想では
ありますが現実には非常に難しいと思いますよ。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 22:05:40 ID:HleAtjn7
貴重な意見有難う御座います。
>125さんへ
「素人が偉そうに生意気いうな」ですか・・・確かにそういう空気はあると
思います。本来なら「素人さんの意見」に、装蹄師がきちんと説明するべきだと
思いいますね。

>>121>>126さんへ
私にはお互いに信頼できる獣医師がいます。その獣医師と今の業界の現状を話合い
お互いが協力し、より良い装蹄や治療をおこなおうと約束しました。
事情があり今すぐにとはいきませんが、近いうちにはじめようと思っています。

青木先生は良く知っています。凄い人ですがベースはあくまで獣医師。
装蹄師としては、ペーパードライバー!?ですね。
本人も良く判っていると思いますが・・・。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 23:24:45 ID:+FU7iH76
>>127
青木先生が非常に信頼してる装蹄師がいますが、乗馬の装蹄師で。
あなたとお友達の獣医さんの関係と似てますね。

あなたは友達の獣医さんに、装蹄師としてはペーパードライバーなどと仰いますか。
あなた達もある意味、両方の知識を持つことを目指していらっしゃるのではないですか。
それぞれ得意分野を受け持つ訳ですから、ペーパードライバーでよいのでは?

青木先生とその装蹄師さんも素晴らしいですし、新しいことを始めようとするあなた達も素晴らしいと思います。
うまくいくといいですね。

129 :121:2005/06/12(日) 23:52:28 ID:KSN4jCpJ
 上手くいく事を願っています。
 私は、主に競走馬を扱っていますが、ベースに有るのは研修先の欧州某国で
いつも獣医師と装蹄師に指示を出していた某一流トレーナーのアシスタントが
「ボスの判断だからこのように行ってくれ」と週一回位二人を前に話していたことです。
そこではいつも細かな議論があり、最終的にお互い納得いく方針が決定されていました。
 たまに、調教師が出てきて話をすると、議論もなしに従うのが印象的でした。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 00:52:55 ID:mxORabha
有難う御座います。頑張ります。
青木先生の事ですが、悪く言ったわけではありませんよ。青木先生は装蹄の知識も
も〜の凄くあります。なんてったって第1人者です。良い悪いではなく、装蹄
という作業は出来ないといいたかったのですが・・・。
「青木修先生のような両方の知識を持った人が必要では?」に対しての
私の勘違いでした。知識を技術と・・・。

もちろんペーパードライバーでいいんです。私の獣医の知識は獣医さんにかない
ませんし、獣医さんの装蹄の知識は装蹄師にはかなわないでしょう。
だからこそお互いを補い、尊重するのです。
>>129さんへ、くどくなってしまいましたが書いてしまいました。
気を悪くしたらすいません。でも応援は頂きます。力にしていきます。




131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 09:57:39 ID:WJaRwTt9
ところでクラブサイドもしくはオーナーサイドからの要求は何か無いですか?


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/30(木) 06:59:29 ID:sEy88snF
最近コメントないですね
もしかして1さんはPさんですか?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/30(木) 21:47:02 ID:wC4Ataru
え?1ですけど、Pってなんですか?。
私の馬順調なので、特にコメントないだけです。
それより皆さんからは何もありませんか?
乗馬ライフになかなか興味深い記事が掲載されてましたね。
サラもてつ外しちゃっていいのかな。
どの品種にも当てはまるのであろうか。

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)