5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【アユ毛鉤(ドブ釣りなど)スレッド!】

1 :青ライオン:2005/06/03(金) 07:22:27
ドブ釣りに限らず、チンチン釣り、流し釣り、その他アユ毛鉤を使ったアユ釣りの情報交換したいです。
初心者ですのでいろいろ教えてくださいませ。

2 :名無し三平:2005/06/03(金) 07:24:27
2げっ

3 :青ライオン:2005/06/03(金) 23:42:46
ま〜気長に待ちます。

とりあえず、専用の竿(ドブ釣り用)が、もう売ってないので皆さんどうしているのかなと。
自分は安物のコロガシ用カーボン竿で代用してるけど、イマイチ重いです。

友竿の硬調で代用している人が多いけど、一昔前のドブ専用カーボン竿より軽くてよさそう。

逆に、ドブ専用竿って、どういう利点があったのかな? と思ったりする。



4 :名無し三平:2005/06/03(金) 23:44:58
ドブ専用の竿ってガマから出てませんでしたか?
間違ってたらすいません。

5 :名無し三平:2005/06/04(土) 02:28:34
ドブ釣りってどんなのだ?と思って仕掛けを調べてたら15年以上前に
そういう仕掛け見た記憶があったのを思い出した。
特にサカナの形の糸巻きがきっかけになった。
シーズン中の雨の日に近所の川の淵に何人もおっちゃんが集まって
やってたのはドブ釣りだったんだな。
当時は川でよく泳いでいた淵だったけど今はその淵は潰されちゃったんだよな。

6 :青ライオン:2005/06/05(日) 15:18:09
やったー、レス来た(^^)。

>4
そうですね、ガマからは今も出ていますが、ベラボーに高いです。
関西の宇崎日新からも細々とでているようですが、ダイワ、シマノあたりから
最新の技術でまた出ないかなあ。あの重さは不要だと思うのですが。

>5
そうですね。ドブ釣りは主に淵で行う釣りですから、河川改修工事でポイントが潰されたのが没落の原因。
あとは友釣りブームに負けている(囮アユ売りたい漁協の戦略もあった?)のもあるでしょうね。
昭和30年代まではアユ釣りといえばドブ釣りを指すほど隆盛を誇ったのですが。
4000パターンとも言われる伝統毛鉤を生みだしたアユ毛鉤は通産省の伝統工芸指定を受けていますしね。

このまま消滅してはもったいないから、ドブ釣りに限らずいろんな手法でアユ毛鉤釣りが再興すれば良いなと思っています。

それに淵に限らず、50センチの水深があれば瀬でも充分ドブ釣りは可能です。
初期の若アユしか釣れないと誤解されていますが、条件と毛鉤が合えば盛期の大アユも釣れますよ。




7 :名無し三平:2005/06/05(日) 17:26:15
>初期の若アユしか釣れないと誤解されていますが、
>条件と毛鉤が合えば盛期の大アユも釣れますよ。
スマン、誤解してた。
小3の時に川で遊んでたらどっかのオッサンにかえしのない毛鉤を
もらって稚鮎は釣った事がる。大人になってフライやってるけど
成魚も釣れるならやってみたい。

8 :名無し三平:2005/06/05(日) 18:12:25
コケ食べてる鮎と虫食べてるそれとでは味違うの?

9 :名無し三平:2005/06/05(日) 20:48:29
>>6
天然遡上物じゃないと釣れなくない?

チンチン釣りセットは量販店で安く売ってるよね。


10 :名無し三平:2005/06/05(日) 20:52:13
>>8
鮎成魚は虫なんか食べません

11 :青ライオン:2005/06/05(日) 21:15:43
フライをやられている方ならアユ毛鉤もぜひ!
私も毛鉤で尺アユを釣るのが目標です(今のところ最大26cm)。

釣り方は長い竿を使ったアウトリガー方式のフライと近いものがあるのではないかと思います。
8月になると基本的に朝夕のまずめ時の釣りになりますが、
ベテランは真っ昼間でも状況にあった毛鉤を見つけ出して釣ってしまいますね。これは経験を積むしかないようです。

なにしろ、殆ど同じパターンの毛鉤でも鼻毛の先のような小さなテールの色が違うだけで入れ食いになるかまったく釣れないかという差が出る摩訶不思議な釣りです。
なにを基準にアユが毛鉤を選ぶのかを見極めるには10年じゃ効かないと思いますね。

ヤマメやイワナと違い、アユは基本的に1年しか生きないので「学習」することはありません。
アユの行動原理はほぼ100%DNAに基づくものと思われます。
だから、難しい。知恵と知恵の勝負なら人間が勝つに決まってますが、
DNAを相手に勝負するのはアユの進化の歴史と勝負することです。
それが「魔界」と呼ばれるほどに無茶苦茶奥が深い理由ではないかと。

>8
え〜、じつは川に上ったアユは、ほとんど虫を食べません。若アユもせっせと苔を食みます。
アユの腹を割いて虫が出てくることはまずないでしょう。
でも毛鉤で釣れたり、シラス餌で釣れたりするのが不思議ですね。
おそらく海中生活時代のプランクトン食の記憶で反応するらしいです。

アユの味は、その川の苔の質(つまり水質)で決まると思います。

12 :青ライオン:2005/06/05(日) 21:28:01


>9 天然遡上物じゃないと釣れなくない?

その傾向は確かにありますが、放流アユの釣り場でも釣れますね。
やはり若アユが数多く釣れてしまうことが多いので、川によっては毛鉤釣りの解禁を友釣りより一ヶ月ぐらい遅らせているところもあります。
川の環境がよくなって天然遡上アユが増えれば、毛鉤釣りが再興すると考えています。

チンチン釣りはまだやったことないのですが、今シーズンは挑戦したいです。
あれも狙えばかなりの大アユも釣れるらしいですね。
ほとんどフライのルースニングと同じ手法ですから、毛鉤だけアユ用にすればフライのタックルで釣れるかも。


13 :名無し三平:2005/06/05(日) 21:36:26
鮎釣りしてみたいが、あの友釣りが荷物多すぎ&9m竿ってので敬遠してるんだが
毛鉤でお土産レベルで釣れれば面白いだろうな〜。

14 :名無し三平:2005/06/05(日) 21:40:05
おっ、良いスレ見っけ。
オイラも鮎を毛鉤で釣ろうと、今年は年券も全魚券を買いました。
フライもやっているから、鮎毛鉤位作れるだろうと、
行きつけの釣具屋と話していたら、「無理無理」と鼻で笑われました…。
それから主にHP等で情報を収集していましたが、
近所の上州屋に沢山並んでいました。

実物はミッジより小さくて、その精巧さはさすが伝統工芸品と思いましたわ。
まずはハエ用毛鉤サイズから始めます。

今の時期、うちのホーム渓流ではブドウ虫・黒川虫で15p位の鮎が釣れてます。
ちゃんと口掛かりで。

15 :名無し三平:2005/06/05(日) 21:47:16
鮎毛針ってミッジサイズのサーモンフライだもんな、ホーンまでついてるし・・・
成魚は虫食わないから毛針じゃ釣れないって理論は、遡上後は餌食わないはずのサケがフライで釣れる事からも否定できるんじゃない?
河川状況によっては虫食ってる成魚だっているだろうし。



16 :名無し三平:2005/06/05(日) 21:55:55
芸術
ttp://www.kougei.or.jp/crafts/1410/d1410-5.html

17 :青ライオン:2005/06/05(日) 22:34:47
スレ立てたの初めてだけど嬉しいなあ。

>13 あの友釣りが荷物多すぎ&9m竿ってので敬遠してるんだが

私のドブ釣りタックルは竿とビク以外は毛鉤ケースと仕掛け入れだけなので、じつはフライベストにいつも入っている状況です。
それにビクだけ(柄の長いタモがあったほうが良いのだけ土間リ使わない)なので、

ドブ釣りの竿の長いのはイカンともしがたいですね。
12mなんてのもあるけど、9mで充分でしょう。
9mでも長すぎるし重いから、もっと軽快な渓流竿やフライ竿で大アユの毛鉤釣りが楽しめる方法はないかと模索しています。

>15 鮎毛針ってミッジサイズのサーモンフライだもんな、

いやいや、御同慶の至りで(涙)。こんな芸術を廃れさせちゃイカンと思うです。ハイ。




18 :青ライオン:2005/06/05(日) 22:55:06
アユ毛鉤の写真なら、たぶんここのが一番きれいに出していると思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~cz3k-ucd/AyuKebari/index.html

19 :名無し三平:2005/06/05(日) 22:59:04
>>17
色々検索したんだが、ウキが付いて、5本毛鉤の仕掛けの
「流し釣り」ってどんな感じの釣り?
短めのロッドで投げて流せないかな?

20 :青ライオン:2005/06/05(日) 23:09:01
>19

流し釣りはオイカワなんかの流し毛鉤釣りと基本的に同じようです。
アユではまだやったことないけど、渓流竿でできそうですね。
基本的に流れに対し垂直の方向に振り込んでダウンドリフトする釣り方です。
アップストリームで振り込むと必ずオマツリします。鉤が5本もあるんで。

ドブ釣り、チンチン釣りは2〜3本の毛鉤を沈めて釣りますね。
チンチン釣りならフライロッド(#2〜3の長めの竿あたりか)でもできそう。

個人的には大アユ狙うには少し沈めたほうが良さそうな気もしますが、憶測です。
瀬で大アユ狙う毛鉤釣り師もいますからね。

21 :名無し三平:2005/06/05(日) 23:17:39
>>20
ありがとん、なんか挑戦してみたいな。

22 :名無し三平:2005/06/06(月) 02:21:08
ドブ釣りはリールのない時代にあわせたシステムだから、今だったらパワーウェットかシンクティップのスペイ、もしくは磯竿と小型リールの組合せが合理的じゃない?

23 :名無し三平:2005/06/06(月) 02:23:19
もしくは本流竿に無理矢理ガイド付けて極細PEとワカサギリールとか

24 :名無し三平:2005/06/06(月) 03:56:42
14のレス見て書き込む。15cmくらいなら場所によると放流サイズなんじゃ?
だと餌食うの慣れてるわ。

餌釣りやってみたら?鮎=苔食むの図から洗脳解除されるから。


25 :名無し三平:2005/06/06(月) 05:46:23
>>22
栃木県では、鮎釣りのリール使用・餌釣りは禁止。
あっ、フライもリール使うから駄目なのか。

26 :青ライオン:2005/06/06(月) 12:57:23
いやあ、15cmでもブドウ虫や黒川虫餌で釣れるっていうのは目からウロコの情報です。
そんなことあるんですね。秋になっても15cmぐらいで産卵に参加する個体もたくさんいるし。
川によっては虫食ってることもあるんですねえ。
餌釣りも未経験だからやってみたいけど、20cmオーバーは釣れるんでしょうか。
>>14
ちなみに、どこの川だか県だけでも教えてくれると嬉しいです。

>>22
>今だったらパワーウェットかシンクティップのスペイ、もしくは磯竿と小型リールの組合せが合理的じゃない?

それそれ! フライタックルとアユ毛鉤のコラボレーションって、絶対面白いと思う。
磯竿もありだけどフライの方が格好いいですよね・・・(^^)。

パワーウェットやシンクティップのスペイはやったことないから何ともいえんのですが、有効だと思います。
全部を自分で実践すると資金的に持たないから、興味のある人がそれぞれ実験報告してくれるとありがたいです。

まずは正調のドブ釣りやチンチン釣りでアユ毛鉤釣りの基本を経験してから、フライタックルに応用してみるのがいいでしょうね。
アユ毛鉤は水中でドリフトさせながら縦のターンの動きを繰り返す感じになるから、
手持ちのタックルでは#3の9フィートにフローティングラインでのルースニング仕掛けで、
水中のティペットに相当する糸にフロロか友釣り用のメタルラインを着けて沈みやすくし、
メンディングと逆メンディングでドラッグをかけたり緩めたりして能動的にアクションをかける進化型チンチン釣りなんかやってみたいです。
でもこれをやるともうちょっと長い低番手フライロッド(11フィートぐらいかな?)が欲しいすね。

新鋭のフライタックルと伝統のアユ毛鉤で尺アユを狙えるメソッドが確立できたら最高です。
でも正調ドブ釣りも面白いので、できるだけ軽い竿でできるドブ釣りメソッドも知りたいです。
ベテランはお年寄りばっかりだから、2chには来てくれないだろうなあ。




27 :青ライオン:2005/06/06(月) 13:10:56
>>25
うーん、栃木ではリール禁止ですか。友釣りでのリール釣りを禁止してるんじゃなくてアユ釣り全般にかな?
ガマから出ている新しいドブ竿はガイドがついたリール式(アユ毛鉤発祥地の石川県ではメジャーな方法)ですけどね。
アユは地域によって規制がいろいろあるから、まあ、ちゃんと入漁券買ってルール守りながら研究してみたいですね。
リール禁止なら普通のドブやチンチンでも充分楽しめるはずですよ。

28 :7:2005/06/06(月) 19:39:36
鮎毛鉤、色々調べてると奥深いと言うか面白いね。
とりあえず巻き方は写真見れば分かるし、雀の羽とか雉の尾羽は雄しか
使わないとか、伝統に反すればフライ用のマテリアルで代用できそう。
でも、フック(針)はフライ用ではなく鮎毛鉤用が欲しいけど
市販で買えるのかな?それにしてもネットでぐぐっても自作してる人
いないね。

29 :名無し三平:2005/06/06(月) 20:01:46
>>26
ちなみに、どこの川だか県だけでも教えてくれると嬉しいです。

栃木の西大芦川です。
ヤマメ狙いで釣れた鮎は、全部で10匹位(即リリース)。
GW前は10cm、5月末は15p位でしたので、放流稚鮎が育っているのでしょう。
6月に入ってからは釣れません。

30 :青ライオン:2005/06/07(火) 00:26:19
>>28
アユ毛鉤、ナンチャッテでも自分で巻ける人尊敬します。
フックはアユ餌バリとかで代用できないですかね。
>>29
ありがとうございます。西大芦川、良い川ですね。
おそらく関東一の清流でしょう。

底なし沼の毛鉤のタイプ別の話は・・・おいおいマタ〜リと語りましょう。

31 :青ライオン:2005/06/07(火) 19:33:05
私自身、初心者のなのでベテランの方にいろいろ聞きたいと思ってスレを立てたのですが、
もしご参考になればということで拙い知識からご紹介します。

4000パターンとも言われるアユ毛鉤ですが、そのすべてを吟味して使い分けるなど到底不可能です。
で、ベテランが初心者の方に紹介する基本毛鉤として、俗に「二横綱四大関」の6パターンがあります。
二横綱とは一般に「青ライオン」と「八つ橋荒巻赤底」を指します。
(これには異論もあり、「青ライオン」と「赤熊中金」を二横綱だとする方も多いです)。

四大関は「赤熊中金」「夕映小巻」「黒髪」「清水」です。

現物写真は>18を参照してください。

それぞれの状況に応じた使い分けは以下の通りです。

1:青ライオン:アユ毛鉤の代名詞的な存在。ほとんどの状況下で威力を発揮し、「万年鉤」の異名を持つ。

2:八ッ橋荒巻赤底:バリエーションが豊富な「八ッ橋」の最有力パターン。流れの強いところで威力を発揮。

3:赤熊中金:胴体に鴨の羽を用いた「熊系」の最右翼。シーズン前半期や午前中に強い。濁り水にも有効。

4:夕映小巻:その名の通り、とくに夕方のまずめ時に絶大な効果を発揮するが、上鉤に最高として青ライオンと終日コンビを組ませる人も多い。

5:黒髪:黒色系の鉤の代表格で、日中の水深が深いところに効果大。とくに大アユ狙いに効果が大きいとされる。。

6:清水:赤熊中金と同じ「熊系」の鉤ですが、初期や晩秋、早朝など、低水温の際に欠かせない存在で、大アユ好みとされる。。

とりあえず、この6パターンがあればアユ毛鉤釣りはだいたいこなせます。

でもベテランは30パターンぐらいを使い分けて、ビギナーの3〜5倍ぐらいの数を釣りますし、型も良いです。
本当に奥が深いですよ、アユ毛鉤は。


32 :名無し三平:2005/06/07(火) 20:28:49
徳島方面は鮎の毛鉤釣り禁止なのかな?エサ釣りは遅れて解禁になるみたいだけど

33 :青ライオン:2005/06/07(火) 22:25:51
徳島は昭和40年代までドブ釣りの一大流行地でしたから、今もできるはずですよ。
もしかすると解禁日が友釣りより遅く設定されているかもしれないけど。

34 :名無し三平:2005/06/09(木) 23:13:39
流し釣りってウキと毛バリを水面に浮かせて流すやつだよね?
曇りの日とか夕方に有効だとか。朝でも釣れるかな…

俺もアユ釣りを毛バリで始めたばっかなんでちょうどいいスレ見つけ。

35 :青ライオン:2005/06/12(日) 10:34:09
流し毛鉤に限らず、朝と夕が毛鉤釣法に有利な時間帯であることは間違いないですね。
釣り場が近い人は出勤前にもできるでしょう。

8月の盛期に瀬で大アユを釣る(釣法はドブ釣りで)毛鉤があるそうですが、私はまだ正体を掴んでいません。
地味な系統の色だそうですが、青ライオンのような定番ではないそうです。
気になりますね。。。

36 :青ライオン:2005/06/12(日) 11:06:12
当たり毛鉤の選択には頭を悩ませるし、それが楽しいのですが、
じつはコンビネーションも重要です。

4000パターンとも言われるアユ毛鉤は大ざっぱな色の系統に分けると以下のようになります。

茶系統・・青ライオン、あみだ、二日月など。
赤系統・・八つ橋赤底、夕映、黒海老など。
黒系統・・黒髪、闇がらす、スルスミなど。
熊系統・・赤熊中金、清水、茶熊など。
灰系統・・桃ぼかし、永楽など。
緑系統・・青三光など。
金系統・・八つ橋金底、新魁など。
黄系統・・イタリヤ中金、掛ノ矢など。

で、ドブ釣りでは2〜3本の鉤を使う際、
茶系統の青ライオン、赤系統の夕映、黒系統の黒髪というぐあいに異なる色系統の鉤を組みあわせて使います。
そのほうが、そのときの当たり鉤に巡り合いやすいからです。

ところが、3本の鉤の中で黒髪によく釣れるから、「今は黒系がよさそうだ」と判断し、
3本すべてを黒系統(黒髪、闇がらす、するすみ等)にしてしまうとどうなるか??

それで良く釣れるようになることもありますが、逆に食いが落ちるケースの方が多いです。
少なくとも私の経験では。

つまり、3本の色調が異なる鉤の組みあわせ方が、アユに大きな刺激を与えるようなのです。
川の状況や天候、水温、季節、時間帯、透明度によって、このコンビネーションに対するアユの反応は変化します。

つまり、4000パターンの3乗の組み合わせの中から、「黄金のトリオ」を見つけ出すということになるわけです。
ハマったら最後の魔界の釣り、それがアユ毛鉤釣りではないかと思います。ハイ・・・。



37 :青ライオン:2005/06/19(日) 04:06:29
あげてみましょう。こうしているうちにベテランさんの目に止まると良いのですが・・。

4000パターンといいますが、実際に現時点で流通しているのは数百種類程度(それでも凄い数ですが)。
ベテランの方でも100種をそろえている方は少ないでしょう。
私がお目にかかる方の大半は数十種類程度のパターンを使っています。
多分にコレクション的な意味もあり、持っていてもほとんど使わない鉤も当然あります。

そんな中で、ベテランは経験上「自信鉤」という鉤を10本〜20本持っています。
これは過去に良い釣りをしたことのある鉤で、どのような状況で使うと成果が出るといった経験実績がある鉤です。

自信鉤の中で、さらに5本前後の鉤を「信念鉤」としている方も多いです。
これは絶対的な自信を持つと同時に、状況判断に迷ったときに確信をもって竿さばきに集中するための鉤でもあります。

フライですと、初めての場所などで探りを入れるときに使うパイロットフライがありますね。
アユ毛鉤の場合、とくにそれを指す言葉はありませんが、「先陣鉤」とでも呼びましょうか。
これは個人的に好きでなくてもデータ実績で優れた鉤で探ります。
だいたい、2横綱4大関の中から状況に応じて選ばれることが多いようです。

あと、私もですが数釣りよりも大型アユにこだわる毛鉤釣り師は、ここぞというときに使う鉤の組み合わせがあります。
それは枝鉤を含めた2〜4本の組みあわせで構成する「勝負鉤」のパターンです。

「自信鉤」、「信念鉤」、「先陣鉤」、「勝負鉤」を自分なりに悩みながら決めていくのも、アユ毛鉤の楽しみです。


38 :名無し三平:2005/06/28(火) 14:47:02 0
鮎は香魚

39 :名無し三平:2005/06/28(火) 15:42:51 0
良スレみっけ。
俺もしばらく前から鮎毛鉤やってるから探してたんだよ。
>>1よ、ありがとう

40 :名無し三平:2005/06/28(火) 15:53:13 O
この間那珂川で毛針で釣ってたんだけど
オイカワしか釣れんかった

41 :名無し三平:2005/06/28(火) 19:45:46 0
鬼怒川解禁ではドブで150匹くらいあげた奴がいたそうだよ。

42 :名無し三平:2005/06/30(木) 09:44:35 O
ドブ釣りてどんなものですか?

43 :名無し三平:2005/06/30(木) 12:55:34 0
>>42
ttp://www3.ocn.ne.jp/~katsuoka/sub2.htm

44 :名無し三平:2005/07/01(金) 12:25:12 0
天気が心配だが今日深夜出発で行って来ます。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)