5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本一有名なボディビルダー、三島由紀夫

1 :無記無記名:05/03/10 05:52:47 ID:mBc5CvfZ
日本一有名なボディビルダー、三島由紀夫について語ろう。


2 :無記無記名:05/03/10 06:47:28 ID:1iLePntV
はじめての2げっとがこのスレとは!



3 :無記無記名:05/03/10 06:49:57 ID:1iLePntV
自分も三島由紀夫にならっておくればせながら30を過ぎてからジョギングと
懸垂をやっています


4 :無記無記名:05/03/10 07:27:40 ID:uGFp3OQd
知らね

5 :無記無記名:05/03/10 07:36:30 ID:b1z786jF
確かキャバレーだかなんだかでホステスに華奢な体を笑われてボディビルはじめたんだよな
三島はゲイだからゲイバーかな?
三輪明宏が言ってた記憶がある
篠山キシンが撮った写真見たけどバルクはそんなになかったけど確かに引き締まってて鍛え上げた体してた

6 :無記無記名:05/03/10 09:01:48 ID:m5e7ANY+
肉体コンプレックスはあったみたいだね。小柄な人だったらしいし。
でも、ゲイかどうかは分からないよね。
まあ、偏見は無かっただろうけど。
リアルなホモではなく、限り無くファンタジーに近い精神的ゲイだったのでは?
ある意味、やおい腐女子的な。

7 :無記無記名:05/03/10 09:03:08 ID:Vf71gY31
何しろビフテキ食ってたからなこのひとは

>>6
死体の肛門から森田必勝の精液が出てきたらしいが

8 :無記無記名:05/03/10 09:43:47 ID:m5e7ANY+
>7
その話は聞いた事あるけど、
検死結果って、発表されたり、関係者から外部に
漏れるものなのかな?
ましてや精液が検出されたなんて事が。

9 :無記無記名:05/03/10 11:17:30 ID:HfTUbwC1
>>6
同意。やおい腐女子的な妄想ホモだったと思われ。
リアルホモでないことは確か。

10 :無記無記名:05/03/10 11:19:17 ID:iyHjms0a
>1
激ワロタwwwwwwwwwwwwww

11 :無記無記名:05/03/10 13:20:00 ID:wF3onpna
昔numberにトレ風景の写真が載ってた(土門健撮影)あと家にあった百科事典
のボディビルの説明で三島が横向きで両手を腰の後ろで組んでいるポーズの写真
が載ってた。>1が言うのも間違いではなさそう。

12 :無記無記名:05/03/10 14:07:42 ID:I9LI5iwn
その昔、後楽園にボディビル志向のジムがあって、
そこで練習していたらしい。
無論、今のようなマシーンが、全く無い時代。
バーベルとダンベルだけであのような肉体を造ったわけさ。
腹筋は良く割れていた記憶がある。

13 :無記無記名:05/03/10 14:10:11 ID:I9LI5iwn
ナルシストの由紀夫ちゃんにはピッタリの趣味だったんだね。
裸にフンドシ&日本刀の写真をよく見たものよ。

14 :無記無記名:05/03/10 15:11:22 ID:OqLaAerV
ベンチプレスMAX、何キロだったか、知ってますか?

15 :無記無記名:05/03/10 15:22:15 ID:2xBlyjK5
100キロ以下でなかったのは間違いない。

16 :無記無記名:05/03/10 15:47:58 ID:OqLaAerV
70kg10回を数セット、というのは日記にありました。
その後どこまで伸びたのかが、興味深いものです。

17 :無記無記名:05/03/10 15:49:53 ID:2tEeS8Vf
この辺り読んどけ。

http://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2004/12/post_51.html

18 :無記無記名:05/03/10 16:12:28 ID:2tEeS8Vf
スクワット写真

ttp://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/bungaku/mishima/nenpu/19651970/s_42.html

19 :無記無記名:05/03/10 19:44:18 ID:09ipev8i
ボディビルダーで三島由紀夫に興味のある奴は是非「鏡子の家」を呼んだほうがいいぞ。
新潮文庫から出てる。
現Jビーフ会長の玉利さんをモデルにしたビルダーが出てくるし、
ナルシズムが一線を越えると悲劇が訪れる事を教えてくれる。
俺はホモではないし、ホモは大嫌いだが、三島の小説はなかなか面白い。


20 :無記無記名:05/03/10 19:49:43 ID:09ipev8i
↑呼んだほう=読んだほう
誤字、すまん。

21 :無記無記名:05/03/10 20:15:08 ID:uPjJ4J+f
>19
鏡子の家読んでも楽しめないぞ…ナルシストで、心中しちゃう奴だろ?
玉利がモデルのキャラなんて、わずか数行しか出てこないだろ。
それよか
・「荒野より」(中公文庫)所収の「実感的スポーツ論」
・「太陽と鉄」(同)
このへんがいいんじゃないか。太陽と鉄は未読なら読んでみな。

22 :無記無記名:05/03/10 21:44:21 ID:ejVnVJYa
鏡子の家は名作。

23 :無記無記名:05/03/11 04:05:16 ID:aLcnONUB
個人的にはアポロの杯とか、ちくま文庫刊「私の遍歴時代」のギリシャ論とかの
世界観にすごく憧れる。

24 :無記無記名:05/03/11 05:07:04 ID:8N7LFCGH
昔『薔薇刑』とかいうタイトルの三島の写真集を見たことがある。
ナル臭プンプンで、正視できなかった。

ここまで自分を愛するなんて(ry

25 :無記無記名:05/03/11 07:22:36 ID:xHgDcfQN
森田必勝とかの盾の会のメンバーって
ボディビルやってたのかな?


26 :無記無記名:05/03/11 10:30:38 ID:4PyREY+5
>25
楯の会の入隊条件に、自衛隊で訓練を受けること、というのがあるから
軍事教練的なトレーニングはしていたと思う。けどボディビルはやってないんじゃないか?
空手を一緒にやっている写真は見たことがある。

そういや早稲田の古道具屋の爺さんが森田必勝を覚えてて、安い日本刀を彼に売った、
とか言ってたような気がする。
事件の時は日本刀のことで散々警察に呼ばれた、とも言ってた。

27 :無記無記名:05/03/11 11:31:33 ID:iE6v+yU8
三島由紀夫は莫迦だったね。
今、生きてりゃ、ステかましてパワースーツ着れば、ベンチ180kgも夢じゃなかったのに。
あの時代じゃプロテインすらなかったろうし、ドリアンイエーツの本もなかったろうから、苦労したよね。

28 :無記無記名:05/03/11 13:10:15 ID:EoOThtIS
>>27
生きている時代が違うんだからそんなことを言ったって(ry
ルーズベルトが生きていたら今のアメリカはもっとマシだったのに、
と言っているようなもの? 違うか(笑

29 :無記無記名:05/03/11 15:38:07 ID:L+HRL/HR
>>27
世界に誇れる大作家を莫迦呼ばわりするお前って。。
正真正銘の基地外なんだろうな。


30 :27:05/03/11 17:21:28 ID:iE6v+yU8
>>29
何が基地外だ。
それはお前だ。
世界に誇れる大作家を莫迦呼ばわりする俺を莫迦よばわり以上、当然おまいが一番の基地外だ。

31 :無記無記名:05/03/11 17:36:06 ID:p9IX7m5l
意味分からん

32 :無記無記名:05/03/11 17:58:26 ID:L+HRL/HR
↑さすが、基地外。意味不明だ。


33 :27:05/03/11 18:25:32 ID:vIRDPWGO
馬鹿やろうオレが本当の基地外だ。

34 :無記無記名:05/03/11 18:33:29 ID:3t7Fylqd
このスレ・・・・

三島由紀夫が泣いてるぜ



35 :無記無記名:05/03/11 22:10:28 ID:Pytt64d7
視認は泣けない

36 :無記無記名:05/03/12 00:05:23 ID:5/BVAiq3
三島が俺に憑いている。

私は両刀だ。が、ここで語られているような単純な「ホモ」的なエロスではなく、生命へのエロスを感じておりました。
「力強さ」も単純な強さではなく精神的な「武」も追求しておりました。
確かに「ナルシスト」ではありましたが、それが強すぎあのような人生の結末を迎えましたが、後悔はしておりません。
ただ、後世の人々の「究極のナルシスト」というカテゴリーの押し込められるのはいささか不本意ではあります。

37 :無記無記名:05/03/12 00:57:51 ID:0vqxsPJe
↑なに、戯言いってんの。

38 :無記無記名:05/03/12 01:30:19 ID:dfSwLGVN
>>36
そんな駄文で三島憑きってwwwww

39 :無記無記名:05/03/12 05:46:56 ID:LqJ733fV
>>36
ウンコでも付いちゃったんじゃねーの?

40 :無記無記名:05/03/12 10:55:39 ID:xPXET99F
俺は三島由紀夫は「究極のコスプレイヤー」だと思う。
ボディビルや盾の会の制服や切腹も、
ヲタがゲームキャラのコスプレしてるの同じようなもんだと思う。
当時は「コスプレ」って言葉が無かったから誰もそんな捕らえ方をしなかったがね。
ただ、いまどきのコスプレヲタとちがうところは、
三島は人生そのものをコスプレ化しまうってところだな。

そういえばコスプレイヤー兼ビルダーやってた奴いたなw
ガ○ルだったっけ?

41 :無記無記名:05/03/12 12:27:29 ID:P/RJDiv5
三島が俺に憑いている。

おまえら、そんなこと言うなよぉぉぉぉぉ

愛刀、関の孫六で切っちゃうぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉ



42 :無記無記名:05/03/12 15:31:32 ID:kjjR6lnJ
三島由紀夫って、帝都を加藤保憲から守るために自決したんでしょ?

43 :無記無記名:05/03/12 18:07:16 ID:NTeO1o9h
42はスルーしてください
42はスルーしてください
42はスルーしてください
42はスルーしてください
42はスルーしてください


44 :無記無記名:05/03/12 19:37:30 ID:Zap2U5Ap
エロマンガ家だろ

45 :無記無記名:05/03/13 20:42:45 ID:yWFjpHdg
彼は徴兵検査で丙種即日帰郷組なんだよね
それがどうもひっかかっていたらしい。
それと東大→大蔵省のキャリア組だがすぐにやめてしまって
いるね。
平澤梓だっけね本名
彼の内面を知りたいなら新・心理診断法に彼の心理検査が
生で載ってる



46 :無記無記名:05/03/13 21:16:47 ID:gWADsSkj
平岡ミキタケじゃなかったっけ。漢字忘れた。

47 :三島ヲタ:05/03/13 21:41:24 ID:6dKReFsf
>45
平岡梓は三島の親父の名前だ馬鹿者。
心理検査やらロールシャッハやらで「人間の内面」なぞ分かる訳がなかろう糞間抜け。
三流大出の池沼が聞いた風なこと抜かすなボケ。切腹しろ。
>46
左様。平岡公威じゃ。

48 :無記無記名:05/03/13 21:48:13 ID:jx9/zJZS
老醜のシワシワで死ぬのが嫌だったんでしょ。
生きてりゃ80歳になってるわけだから。

49 :無記無記名:05/03/14 07:04:20 ID:4C7/8dJE
三島は白人コンプレックス丸出しだな。
この板のビルダーも白人コンプレックスってある?
ボディビルなんて日本人がいくら頑張っても外人にはかわなないし。

50 :無記無記名:05/03/14 11:20:37 ID:JrlE0xDu
おまいら三島三島って盛んにラブチューチュー言ってっけど、
でもおまいらの殆どはデブだろ?
(ベンチ150kだろうと、体脂肪が17%もあればリッパなデブです)
あいつはね、デブに偏見持ってたよ。
それでもまだ三島三島ってする?

51 :無記無記名:05/03/14 13:46:16 ID:GZJg97fY
>>50
体脂肪17%は20代の平均です。

52 :無記無記名:05/03/15 14:49:13 ID:iTVmp8zm
もし三島がデブ嫌いだったのなら、それはガリであるコンプレックスの裏返しだろうね。
あそこまでコンプレックスむき出しの作家もめずらしい。

53 :   ↑:05/03/15 15:32:53 ID:Vpd26pXa
とデブがコンプレックスむき出しのレスを返してますw

54 :無記無記名:05/03/15 23:28:15 ID:pHuf0tHX
>52
ばかだなぁ
三島の読み方がわかってないよ。
コンプレックスむき出しも、なんもかもぜ〜んぶ計算してんだよ。
俺ら読者は踊らされてるんだよ。
作者はもっともっと別の次元でほくそえんでんの。
で、俺ら読者は、ただただ踊らされるがままに踊りゃいいんだよ。
それが三島の楽しみ方よ。

55 :無記無記名:05/03/15 23:49:36 ID:Fd3FDD2s


  というか三島本人がモデルでデブ嫌いな設定人物が出てくる小説なんて無いけどな。




56 :無記無記名:05/03/16 05:30:15 ID:alcbdXKk
三島由紀夫は(デブの)稲垣足穂にすごいシンパシーを感じていて、男というものの
秘密が天上から地獄を駆け抜ける場合、どこでも鉤でしっかりと捕まえてくれる人は
稲垣足穂しかいないと明言している。←それにしても比喩の天才っ!!

更に、自分がこれから愚行を犯して日本中が笑っても、稲垣足穂だけは理解してくれるとも
澁澤龍彦との対談で語っています。

57 :無記無記名:05/03/16 09:09:59 ID:8qF3CcM4
デブじゃないじゃん

58 :無記無記名:05/03/16 11:00:23 ID:u6TeIzpv
三島は東京オリンピックでレスリング見てて、
ヘビー級選手らを「プップッ、デブが。土俵にでも上がってろ」といった目で見ていた。

59 :無記無記名:05/03/16 11:44:54 ID:VSwpLajW
福島次郎という人が書いた、三島由紀夫の暴露本、
「三島由紀夫−剣と寒紅」を読んだこと有る人、ここには居ないのかな?
まあ、発売後すぐに三島の遺族によって販売差し止め訴訟を起こされ、
あっという間に販売停止になってしまったから、
読んだことの有る人が少なくても、しょうがないけど。

俺は、運良く発売後すぐ購入したから読むことができた。

この本には、三島のボディビルダーとしての「ナルシストぶり」が、
赤裸々につづられてて、読んでてもう、爆笑モノだよ。

また、福島次郎自体もゲイなんだけど、三島のことについて、
はっきりゲイだといいきってる。
福島次郎自身も三島とセックスしたらしいし。

この本によると、三島は、柔道家やプロレスラーみたいな、
ガッチリした体格と筋肉に、むっちり脂の乗った体型が、
本当は一番好きだったらしい。

三島が、「デブ嫌い」をしょっちゅう公言していたのは、
コンプレックスゆえだと思った。
本当は、三島自身ももうちょっと「むっちり」太って
バルク型の体型になりたかったんだろうけど、
生まれつきのガリ体型のため、いくらボディビルやっても太れなくて、
その逆恨みが、「デブ」に対する、
過剰とも言える攻撃的論調になったんじゃないかな。

60 :無記無記名:05/03/16 11:47:58 ID:8qF3CcM4
詳しく!!

61 :無記無記名:05/03/16 13:07:07 ID:UhiTQlQY

 三島じゃなくてもデブ嫌いは普通だろwww



62 :無記無記名:05/03/16 15:43:23 ID:o0JpnAw9
作者がたまらずむさぼりついて
そのあと抱き合って会いたかったよ
僕しあわせとか甘えた声でいったとかうさわの真相に書いてあったな

63 :無記無記名:05/03/16 15:49:46 ID:o0JpnAw9
ドリアンとかより三島のからだのが美しい
と思う。
裸体と衣装、實感的スポーツ論はオススメ。
何かと好奇の目にさらされるビルダーが妙に攻撃的になったり
卑屈になったりするなかで精神のありようが潔くてよい。
さらにテープの学生との対話面白し。
慎太郎、三島由紀夫の日蝕、徳岡隆夫五衰の人面白し。

64 :無記無記名:05/03/16 17:57:08 ID:8/nv79KL
文学板みたいだ‥

65 :無記無記名:05/03/16 18:40:54 ID:jKEWUDtz
文学青年ビルダーって、誰かいるかな?
山本は間違いなくそうだな。北村もか?

66 :無記無記名:05/03/16 18:42:37 ID:jKEWUDtz
逆に本読まなさそうなのは三土手かな?
ビルダーじゃないけど。

67 :無記無記名:05/03/16 18:47:45 ID:kLKOqQ0a
三島はボディビルだけじゃなく、ボクシングとか剣道にも手を出していたはず。


68 :無記無記名:05/03/16 19:27:35 ID:UhiTQlQY
石原によると失笑買うくらいド下手だったらしいが。

69 :無記無記名:05/03/16 19:32:42 ID:8qF3CcM4
長生きしたもんがちだな

70 :無記無記名:05/03/16 20:09:32 ID:ddYRATpB
>>68
ボクシングはどんなもんだったかしらんが、
剣道は有段者だろ。

71 :無記無記名:05/03/16 20:28:57 ID:jC8cmHde
普通、小説作家なんて不規則な生活してる職業の代表
みたいなイメージがあるが、あの体型を維持した事だけでも
凄いと思う。(しかもノーベル賞候補に迄なったわけだし。)
俺は「仮面の告白」位しか読んだ事ないけど。

72 :無記無記名:05/03/16 21:14:38 ID:cuJhoH9O
空手もね。
胸毛が結構いい感じだね。

>>71
三島は作家の中では珍しく規則正しい生活を好んだそうだ。

約束事は、〆切はもちろん待ち合わせ時間までも遅れることはほとんどなかったそうだ。
しっかし、これほど物語の中に作家を重ね合わす読み方がされる人物もそうそういないだろうなぁ。

没後も私生活や精神面がこれほど語られ、さぞや草場の陰で“ムキッ、ムキッ”って喜んでいるのかな。


73 :無記無記名:05/03/16 21:25:28 ID:8/nv79KL
‘約束墨守‘てのが信条だったらしいな。ナッコイイ

74 :三島ヲタ:05/03/17 01:03:39 ID:dsrvIMmk
みんな半チクな能書きひけらかして必死だね。
細かい突っ込み入れ出すとキリがないから、静観しておくよ。
連休にでもまとめて訂正してやろう。

75 :無記無記名:05/03/17 01:15:39 ID:jKTwOKah
↑ と、今必死でググって勉強中です

76 :無記無記名:05/03/17 01:32:13 ID:Kz1opXYU
>>74
楽しみにしてる

77 :無記無記名:05/03/17 02:36:19 ID:fZ9c32CE
別にヲタスレじゃねえんだからみんなこんなもんだろ
てめえのほうが異常だよブタ

78 :無記無記名:05/03/17 11:44:09 ID:tohCDOh+
六尺一丁で岩場に立つ写真があるけど、
なんか勃起しているように見えるだよね。
希望的観測かしらん?

79 :無記無記名:05/03/17 12:40:17 ID:+scmSDph
三島は文学者としてはすごいと思う…。

しかし、ビルダーとしてはどうかなあ。
あの体は「ガリガリ」としか言いようがないとおもう。
三島本人も、「やるだけやってみたが、
自分にはビルダーの大会に出るほどの素質は無いと分かった」と、
どこかのエッセーにも書いていた。
(たしか、「不道徳教育講座」というエッセー集のなかで、
ボディービルダーの審査員となった話の中だったと思う)。

確か、ベンチプレスなんかも、60kgくらいしか挙がらなかったらしいし。

基本的には、スポーツは全般的にダメダメな人だったんだろうと思う。
でも、あれだけ後世にのこるすごい作品沢山書いてるんだから、
とにかく、文学者としては戦後もっとも偉大な人の一人だと思う。

そんな彼が、素質の無い事を知りつつも、
あそこまで肉体にこだわっていた(剣道やボクシングも、
そのこだわりの現れでしょう)ことが、痛々しく思えたりする。

偉大な作家だったのに、人間としては結構不幸そうに思える。

80 :無記無記名:05/03/17 19:03:33 ID:Kz1opXYU
普通に体を鍛える一般人としては立派なもんだろ。

81 :無記無記名:05/03/18 01:27:10 ID:+3WHypfr
背が小さいからね。
でもあのくらいがちょうどよい。



82 :無記無記名:05/03/18 01:41:03 ID:R4zwNmg1
ベンチ60sって一般人と変わらないじゃん。
本当に鍛えてたのか?

83 :無記無記名:05/03/18 01:49:38 ID:+3WHypfr
70キロ。
背がかなりちっこいのよ。

84 :無記無記名:05/03/18 01:51:48 ID:+3WHypfr
一六三cm

85 :無記無記名:05/03/18 10:42:00 ID:OumUcW6V
http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/bungaku/mishima/nenpu/19651970/s_42.html

86 :無記無記名:05/03/18 11:27:47 ID:ZHQ3uufv
>>79
>確か、ベンチプレスなんかも、60kgくらいしか挙がらなかったらしいし

いや70kgでセット組む様子が日記にある。
あの躯、脂肪を極端に嫌ってたからバルクアップできなかったってことだろうな。
胸毛からして素質自体はあるはずなんだけど。

87 :無記無記名:05/03/18 13:07:49 ID:470bO7D9
>>86胸毛で素質があるかどうかわかるのかw

88 :無記無記名:05/03/18 13:12:07 ID:kAREWF2K
>>87
おかしいよな・・・

89 :無記無記名:05/03/18 13:15:43 ID:G4v2pdgp
>>88
胸毛がある人はテストステロン過多の場合が多く素質があると思える。
というかもっと真剣にボディビルやってればアレよりは
ましな体になってたと思うぞ。『素質ない、素質ない』って
ほざいてる奴はビルダーやパワーリフターと同じ
トレーニングルーティン組んで3年ぐらい試してみた事あるのか?
って言いたいですね。

90 :無記無記名:05/03/18 13:22:56 ID:UXChk80R
それは誰にでも言える事では・・・

91 :無記無記名:05/03/18 15:29:11 ID:/Sz8i+y4
>>83
体重70キロ?

92 :無記無記名:05/03/18 15:32:44 ID:/Sz8i+y4
太さはあんまりないけどギリシャ彫刻的なイイカラダだった。
って撮影したひとの技量もあるんだろうけど。

93 :無記無記名:05/03/18 15:56:41 ID:icXXf/nU
ベンチ70きろ

94 :無記無記名:05/03/18 16:00:07 ID:/Sz8i+y4
>>93
体重は?

95 :無記無記名:05/03/18 17:15:12 ID:XFER9q5y
三島より沼津に停めるべき

96 :無記無記名:05/03/18 18:07:31 ID:pYPtEBDO
そうだね

97 :無記無記名:05/03/18 19:12:53 ID:/Sz8i+y4
沼津由紀夫

98 :三島ヲタによる特別添削:05/03/18 23:07:07 ID:T9GyVADj
>50
デブだけでなくガリも嫌った。本屋から出てくるガリがミイラに見えた、とエッセイに書いている。
>54
同感。全て織り込み済み。
>56
「A感覚とV感覚」ね
>58
確かに中量級以上は肥満しているとは記していたが、嫌悪や揶揄のニュアンスはない。作るな馬鹿。
>63
>何かと好奇の目にさらされるビルダーが妙に攻撃的になったり卑屈になったりする
>なかで精神のありようが潔くてよい。
分からないことを分からないまま書くからこうなる。馬鹿が分かった風な顔をするな。
>さらにテープの学生との対話面白し。 慎太郎、三島由紀夫の日蝕、徳岡隆夫五衰の人面白し。
東大全共闘に限らず、自死のアリバイとしての情勢トークは退屈だ。「日蝕」は、野坂との
対論が収録された奴か?石原の二流文学者としてのコンプしか感じないが。
徳岡「孝男」のは、他に悼友紀行が良かったかな。
>70
ボクシングは30過ぎで始めた。剣道はさらにその後のはず。ともに「あまり上手ではなかった」らしい。
>72
強迫的だったらしいね。「ダイヤグラムのような日々」を送ったそうだ。
>79
最晩年でベンチは85kg(By玉利斉at憂国忌)。60kg以下にしか見えない体にしては
良くやったほうだ。
三島は、いまどきの「作家」ではなく、国家を代表する知的存在としての文学者であった
最後の存在だと思う。だからこそ戦後の文学者として、未だに特権的な存在でいられる。
なおボディビルダーとして「体道ー日本のボディビルダーたち」という写真集に序文を寄せ、
被写体としても載っている。
>95
三島由紀夫はペンネームで、三島はその「三島」から来ている。

99 :無記無記名:05/03/19 05:06:18 ID:+JUl67uv
>98
へえ。まぁ乙。

100 :無記無記名:05/03/19 10:44:41 ID:9/EIDxmc
naruhodo

101 :無記無記名:05/03/19 15:55:13 ID:6rPcGW/u
>>68
石原慎太郎ってボクシングやってたんだっけ?
三島と同じぐらい運動音痴っぽいけど。

102 :無記無記名:05/03/19 17:03:00 ID:Xz+kyOrN
石原なんて三島以上にコンプレックスの固まりだろ。
三島は堂々とコンプレックスを世間にさらけだしてたけど、
石原はそれをする勇気すらない。

103 :無記無記名:05/03/19 17:03:30 ID:r5u7mmVM
普通そうでしょ。

104 :無記無記名:05/03/19 17:16:00 ID:hnbWcpw5
自死のアリバイとしての情勢トークってなんですか?
しかしあんた偉そうですね。


105 :無記無記名:05/03/20 20:55:41 ID:EqtZ/dzU
石原はキックボクシング協会の会長やってただけで素人だよ。

106 :無記無記名:05/03/20 23:40:41 ID:NtptrFEX
切腹マニアデよく男と切腹プレーしてたそうだ。

107 :無記無記名:2005/03/22(火) 04:11:51 ID:62oNJqvc
>>101
石原慎太郎は一橋大サッカー部のウイングやってたから
運動神経はいいんじゃない

108 :無記無記名:2005/03/22(火) 11:22:02 ID:gJa5efiH
>>98
三島のベンチMAX85か。

ウエイト板じゃカスの俺だが、
俺にもようやく抜ける相手ができた!
それに今フルコン空手をしてるが、奴のボクシング歴1年にも空手初段にも負けないだろうから、
文武の文では負けかしらんが、武にしろ身長にしろ俺のが勝ってる。

109 :無記無記名:2005/03/22(火) 12:09:08 ID:bvx2KkBV
>>107
サッカー好きの作家ってわけね。w

110 :無記無記名:2005/03/22(火) 12:36:30 ID:mf2Gha72
????????????????????
???????????????????
????????????????????

111 :無記無記名:2005/03/22(火) 13:00:11 ID:fFSn3CLS
>>109
まさっかーーーー!!

112 :無記無記名:2005/03/24(木) 15:29:05 ID:U3pM9EON
オヤヂの多いスレはココでつか?

113 :無記無記名:2005/03/24(木) 15:38:40 ID:rJ1x1c1C
オヤヂどころか、ヂヂイばかり。

114 :無記無記名:2005/03/24(木) 19:18:16 ID:0msTNc4/
十代くらいの頃に一度もふれなかった人が、
オッサンになってからいきなり三島を読むと結構辛いと思う

115 :無記無記名:2005/03/24(木) 20:39:11 ID:uFpqQZHN
>>114
どういうふうに?

116 :無記無記名:2005/03/24(木) 22:56:26 ID:6aZn53ZZ
三島か・・・・お尻が、痒くなってきたぜ!

117 :無記無記名:2005/03/24(木) 23:04:54 ID:rwB5sR0j
まさっかーーーー!!

118 :無記無記名:2005/03/25(金) 02:15:45 ID:rOfVw9Cf
美輪さんの彼氏でしょ?

119 :無記無記名:2005/03/25(金) 12:17:44 ID:QrFFh1Ff
三輪さんは、マッチョ指向の人には興味無かったはず。
良い友人ではあったみたいだけど。

120 :無記無記名:2005/03/29(火) 16:01:05 ID:R3V2ECU3
||||            ||||
||||=щ=========щ=||||
|||| | |         .| | ||||
  | |   ∧ ∧ | |
  \ \( ゚Д゚)/ /
   \ ||  ||/ /
     |ノ \ノ |/
     | .AGE.|
    /   /
   ∫|__.∧_|
    | | | /
     | /  | |
    //  | |
    //   | |
    U   U


121 :無記無記名:2005/03/29(火) 16:42:00 ID:Z2gMNNxy
美和さんとは、こころの友だよ。兄弟の様だったらしいね。
姉・美和で、妹が三嶋。歳は三嶋が上だが精神的には美和が上だったらしい。
(美和の著書に書いてありました)

122 :無記無記名:2005/03/30(水) 05:30:48 ID:NdsVn0X5
121さん。うがった見方をすれば死人にくちなしなので、
三島はいろんな人の自己権威化の方便に利用されてる印象も否めないですね。

存命中はスーパー文化人で、いまだ名声高い世界的文豪ともなればその人の
名前を使いたいのは当たり前ですが、親交のあったといわれる人で、
音楽家の黛敏郎などは一切自分の売名行為とかんぐられるような
シチュエーションで、三島の名前を出さなかった慎み深さに感銘を受けます。

ちなみに黛は晩年、振付師のモリスベジャールが、三島由紀夫を題材にした
バレエ「M」の音楽をたんとうしています。

123 :無記無記名:2005/03/30(水) 09:13:03 ID:8OxBp4VV
黛敏郎もゲイなのかもね
三島の名前出すと勘ぐられるから言わなかったのかも

124 :無記無記名:2005/03/30(水) 11:50:38 ID:tf0TVHRN
永六助はよく三島と間違えられたとものだ言ってるね。
三島は喫茶店とかで電話して「三 島 だ が ・ ・ ・ 」とやって、
ウエイトレスたちを振り替えさせたが、一瞥され「んな訳ないでょ」って笑われて、軽い兄ちゃんって感じに軽蔑の眼で見られたようだ。


125 :無記無記名:2005/03/30(水) 12:52:56 ID:IhrTCXXO
黛と三島はライトウイングつながりでしょう

126 :無記無記名:2005/03/30(水) 14:12:49 ID:pp/32SaA
ゲイピーポーな国粋ビルダーってなんか最高だな
生き続けて浅田彰を強姦して欲しかった

127 :無記無記名:2005/03/31(木) 02:28:12 ID:0DL1WKLq
>>124
髪型だけ!!!!!!!!!!

128 :無記無記名:2005/04/27(水) 07:14:02 ID:VSIQzGbJ
三島の本当の身長って何センチなんだ?

129 :無記無記名:2005/04/27(水) 17:07:59 ID:Qs9L1ES5
>>86
生来、大変な胃弱で、典型的なハードゲイナーだった。
胃痙攣止めの薬を常備して、自分で注射していたほど。
エッセイに、若いビルダーの真似をして、プロティンや大量の牛乳を飲み下痢をした記述もあり。
ボディビルを始めた頃の、パンツ一枚の写真を雑誌で見ましたが、
体重50kgもないような本当に細い体でした。
また、海外渡航中もジムに通ったようです。
子供の頃、祖母にスポイルされ、男の子らしい遊びや運動を一切禁じられ、戦時中の学校の運動の強制への反発もあったよう。
戦後大人になってから、水泳、剣道、ボクシングなど、おずおずとスポーツを始めたようです。
ただし、球技や団体競技とは無縁ですね。
それから、主演映画で逆立ちしてエスカレーターを降りるシーンがあるので、
運動神経が全くないわけではないようです。

130 :無記無記名:2005/04/27(水) 17:22:01 ID:m+0uATHt
体毛が濃くて
いかにもテストステロンの分泌が多いように見えますが、
それでもハードゲイナーだったんですかね?

131 :無記無記名:2005/04/27(水) 17:38:48 ID:Qs9L1ES5
いかに男性ホルモンの分泌が多くても、元となる栄養を充分に吸収できなければ、筋肉は増えづらいんじゃないの?
現に、アメリカ製高タンパクの粉や、牛乳を一日に何合だかで、下痢するくらいだから。
ハードゲイナーという言葉が、努力しても筋肉や体重が増えづらいという意味ならば、彼は該当すると思うが。



132 :三島ヲタ:2005/04/28(木) 20:58:45 ID:2gKtJTQd
>129
>主演映画で逆立ちしてエスカレーターを降りるシーンがあるので
「からっ風野郎」にそんなシーンあるの?初めて聞いた。
エスカレーター乗ってるとき撃ち殺されるシーンで、倒れた時頭を打って病院に運ばれた、
との話は聞いたことあるけど、逆立ちなんてやってたの?
あと胃痙攣薬の注射の話は誰が書いていた?こちらも初耳だな。

>アメリカ製高タンパクの粉や、牛乳を一日に何合だかで、下痢するくらいだから
単なる乳糖不耐性。あるいは「若いビルダー」に量を聞いてメモして、それをそのまま
実践したんじゃないかなあ。

三島の身体についてとやかく言いたがる人がいるけれど、ボディビルやってる奴がみんな
シュワルツェネッガー並になれるって訳じゃないし、あれはあれで立派だと思うよ。
30過ぎて、マイナスからあそこまで造ったんだから。
実物を見た人は、一様に「真っ黒に日焼けしてて、凄く細かった」って言うけどな。

133 :無記無記名:2005/04/28(木) 23:27:13 ID:LA9LcADi
あげ

134 :無記無記名:2005/04/28(木) 23:52:40 ID:Aqjnmymk
この人、マジでアフリカ食糧難民並に細かったよね。果てなき渇望で太宰治を批判してたのは共感できたが。

135 :無記無記名:2005/05/02(月) 02:14:51 ID:xv1sn7Ui
オレバイク乗りでもあるけど
州知事=VMAX
高名な作家=H2
まー様式美だなそれぞれの肉体



136 :無記無記名:2005/05/02(月) 16:06:01 ID:j8LPV/xL
武道板スレも応援よろしく

三島由紀夫って皆さんにとってどういう存在ですか?
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1114761946/l50

137 :無記無記名:2005/05/06(金) 05:49:47 ID:oocAZI+A
三島は身長コンプレックスだったらしいが、
あの年代で160cm代前半って普通だぞ。
まあ、今でも170cm位でコンプレックスある奴は多いだろうから、
それほど特異ではないかもしれないが。

138 :無記無記名:2005/05/06(金) 06:12:56 ID:4PqIsqtg
この身体を凄いと思うかどうかだな。
http://lookinside2-images.amazon.com/Qffs+v35leo8LYTM9hys1al8Y33nSm3q+8/wYnZs7HVuxlnOEjRaErQuYXzwjaIr

139 :129:2005/05/06(金) 16:53:58 ID:hwFjPK1F
「からっ風野郎」は未見だが、三島の友人で劇評家の戸板康次のエッセイ(「あの人この人」)に、逆立ち云々のエピソードがある。
胃痙攣の注射の話は、どの本かは失念したが読んだのは確か。
本人のエッセイや日記でなければ、評伝か雑誌の特集号あたりだろうが、正直調べるのは大儀。
牛乳五号で下痢したのは、本人のエッセイ(「実感的スポーツ論」か?)で読んだ。
確かに診断すれば乳糖不耐性かもしれないが、三島は赤ん坊のころから自家中毒で、淡白で消化のいい物しか受け付けなかったんだから、普通に胃腸が弱いんだろう。
(これは、「仮面の告白」にも詳しいので有名な話)

>ボディビルやってる奴がみんなシュワルツェネッガー並になれるって訳じゃないし、
あれはあれで立派だと思うよ。
↑同感。昼夜逆転の超多忙な生活。愛煙家。中年に至るまで運動や鍛錬と無縁。
この悪条件であれだけやれれば立派だと思う。


140 :無記無記名:2005/05/06(金) 17:19:10 ID:v+42fIwi
>戸板康次のエッセイ
今度探して読んでみるよ。エスカレーターで逆立ちは間違いじゃないかなあ…。
>淡白で消化のいい物しか受け付けなかったんだから、普通に胃腸が弱いんだろう。
ビーフステーキをガツガツ喰う、って自慢してたぞ。蟹以外、好き嫌いはなかったはず。

三島に関しては、努力によって虚弱体質を克服した、ということを押さえとけばいいのであって、
「在るべき所となった」三島由紀夫の身体を、弱かったの何だのと言うことに、俺は興味がないなあ。
石原慎太郎なる3流のタレント文化人が、下らない本(日蝕)でとやかく言ってるのを見て
醜悪だなあ、と思ったもんだよ。

なぜか武道板のほうが盛り上がってるから、向こうに参加するよ。

141 :無記無記名:2005/05/06(金) 17:45:21 ID:q/n5dM77
>>138
その写真はカットがあまり出てないけどイイカラダじゃないかな。
でもやっぱり真正のホモっぽいな。w

142 :129:2005/05/06(金) 18:11:17 ID:hwFjPK1F
>>140
>ビーフステーキをガツガツ喰う、って自慢してたぞ。
そうだね。確かドナルド・キーンへの手紙によると、懐石料理などご馳走になっても、口直しに肉料理を食べていたらしいね。
晩年になるまで、淡白な和食のおいしさが理解できない人だったようで、食生活もロココ趣味だったんですね。
「実感的スポーツ論」では、ボディ・ビルのおかげで胃弱を克服したと、高調子に書いていますが、
小林信彦は、真っ青な顔をした三島が夫人に伴われ、虎ノ門病院に通うのをよく見かけたとも書いています。
ボディビルは結婚の二年前に始めたわけで、運動で完全に病弱から救われたわけではないようですね。
それでも、その意思と実行力は素晴らしいと思いますよ。

訂正
戸板康ニ「あの人この人 昭和人物誌」でした。


143 :無記無記名:2005/05/07(土) 17:03:31 ID:H1fMDGm3
三島って自家用車もってたのかな?
なんだか車に縁がなさそうなのだが。
もちろん車を買うくらいの金は持ってただろうが・・・

144 :無記無記名:2005/05/07(土) 23:39:13 ID:EjFreXYn
>142
>晩年になるまで、淡白な和食のおいしさが理解できない人だったようで、食生活もロココ趣味だったんですね。
あんたウェイトトレーニングやってないのか?
ボディビルダーの、食事に対する強迫観念を知っていれば類推できそうなものだが。

そもそも、あの家系と既往歴を見れば「淡白な和食」で育ったんだろうとも想像しうるだろう。

何か微妙にズレてて、あんたの書き込みって不快なんだよね。
知ったふりしないで、ちゃんと本読んで頭使おうぜ。

145 :無記無記名:2005/05/07(土) 23:42:50 ID:EjFreXYn
>143
本人は40前後に免許を取ったけれど、自家用車は持たなかった。

唯一、決起の日に市ヶ谷に向かうため、中古のコロナを買ったんだけど、本人は
ハンドルを握らなかったようだ。
自宅には立派なガレージがあるんだけどねw

146 :無記無記名:2005/05/08(日) 00:06:08 ID:l3v7PbbG
>>145
調べもせずに聞いて悪いんだけど
彼は市ヶ谷に切腹しに行ったの?
彼の呼びかけに自衛隊員が応えたときの想定って頭にあったのかな?


147 :無記無記名:2005/05/08(日) 00:56:48 ID:mCq9WnUm
>146
>彼の呼びかけに自衛隊員が応えたときの想定って頭にあったのかな
自衛隊を率いて国会議事堂を包囲。武力によって憲法改正させた後、その責任を取って自決、
って筋書きは一応あった。要求は、自衛隊を国軍として認めよ、だったかなあ。忘れた。
まあ本人は成功するとは思ってなかったらしいけど。どのみち自決する気だったようだ。
このあたりは凄く面白いので、図書館で資料に当たってみるといいよ。

当時の自衛隊員は、盛り場を歩いてるチンピラに「お、兄ちゃんいい体してるね!」って声かけて
飯をおごりながら「自衛隊入らない?」ってスカウトしていたそうな。いわば底辺の人たち。
そんな連中のところに軍服姿の小男が行ったらどうなるか?
演説も満足に出来ず、散々野次られて終わり。命がけの愚行だよな。


148 :無記無記名:2005/05/08(日) 01:07:40 ID:oX/YpEo+
色々な面(文学的・肉体的)で三島は行き詰まっていた。
最期の死に花を咲かせるために事件を起こした。
始めからクーデターの成功なんて考えてなかった。

149 :無記無記名:2005/05/08(日) 01:25:38 ID:l3v7PbbG
>>147>>148
なるほど、どうも
いずれにしても行き着く場所は決まってたんだね
あの事件は死ぬためのエクスキューズか
どうせ死ぬならもう少し美しい結末を演出できなかったものか
最後の物語が三島さんの一番の駄作だったのかな

150 :無記無記名:2005/05/08(日) 02:47:28 ID:oX/YpEo+
いや、あれでいいんだよ。
三島は226事件とか神風連の乱とか、失敗して悲劇的最期を遂げるクーデターに
憧れていたから、自分もその悲劇の主人公になりたかった。
それに三島はマゾでもあるから、嘲笑を浴びるのは本望だった。

151 :無記無記名:2005/05/08(日) 18:08:54 ID:qm0S2Sxb
コピペしまくりすいません。これ読んだことありますか?

書評『神々の軍隊−三島由紀夫と国際金融資本の闇』(浜田政彦 著)
三五館
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883202119/qid=1094762871/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-6180826-7472319

ああ、この本を読まなければよかった。この本には、途轍もない「真実」が書かれている。
第1次大戦終結後から第2次大戦の勃発までの日本史の動きを「国際金融資本」という補助線を引っ張って読み解いている。
この補助線なしには、日本が突入したシナ事変と大東亜戦争(太平洋戦争)の泥沼は
いかなる世界史的意味を持っていたのか理解できないだろう。政治家の動きだけを見ていては絶対に分からない。

152 :無記無記名:2005/05/08(日) 18:09:34 ID:qm0S2Sxb
当時(第1次大戦後)の日本には大略、3つの勢力がいた。一つ目は「皇道派=新興財閥連合」、
「統制派=大財閥(ロックフェラー、ロスチャイルド系)連合」「日本原理主義者(大本教、日蓮教、浄土宗、国柱会など)」である。
「2.26事件」は、日本原理主義者と皇道派=新興財閥連によって起こされた、反財閥、反国際金融資本のクーデタだったのである。
この大きな視点が、これまでの日本史解説書では全く欠けている。
皇道派の幹部たちも、本当に国体明徴による天皇の神権国家を作ろうという考えの人々は
僅かで多くは、大財閥との利権争いの一環として、政治闘争を仕掛けただけであった。
ところが、大本教、日蓮教などの宗教的熱情から、天皇中心の国体の明徴を実現しようとした「ラディカル」な、ある意味では純粋な、
日本原理主義者たちは、あくまで純粋に自らの志に従って散った。筆者はここに三島由紀夫の自決と重なり合うものを見ているのだが、
現代の日本人の視点から見れば、このあまりにも純粋な日本原理主義者の姿は、イスラム原理主義のアルカイーダやタリバンとも重なっていく。
原理主義はそれが「狂気」であるが故に、現実妥当性を持たず、金と権力を握った者たちによって覆滅せしめられるのだ。
原理主義者の、武器は狂気だけであり、戦略を欠いていた。これが、日本があの戦争に負けた最大の原因であろう。
私は彼らの崇高な理念には共感はするが、これは危険なアイデアリズムであり、リアリズムの観点からすれば、
唾棄すべき「国際金融資本」につながりながら、日本の独立をなんとか維持しようとした政治家たちの立場を取る。

153 :無記無記名:2005/05/08(日) 18:10:44 ID:qm0S2Sxb
この本は、一方に2.26事件に連座した若い日本原理主義者たちに視点を置き、彼らの姿に徹頭徹尾共感した形で筆を進めている。
その一方で、数々の文献を渉猟した筆者は、ロックフェラー、モルガン、ロスチャイルド、サッスーン財閥などの国際金融資本の中国政策と、
元々「国際金融資本」(判りやすく言えば、ユダヤ金融資本)のひも付きであり、その限りに置いて自主性を許されていた、
日本の三井・三菱などの大財閥たちが、欲を見せて、「彼らの虎の尾を踏む」さまを存分に描き出している。
昔も今も日本が国際金融資本の強い影響下にあるということは変わらない。昔は英国の属国として、今はアメリカの属国として。
この本の時代背景は妙に現在に重なっている。三井・三菱は「死の商人」でもあった。
今、アメリカの要求で、武器輸出三原則の見直し、憲法9条の「改正」が行われようとしている。歴史はくりかえすのか。

本文の内容もさることながら、巻末に乗せられた文献録と人名辞典の資料性を一段と高めている。
天皇家は初めから、日本原理主義者の抱くような理想を体現していなかった、というあまりに悲惨な現実を、
海外の文献まで調べながら立証している。天皇家のキリスト教改宗運動を進めた、クウェーカー・コネクションについては最近、
園田義明氏が詳しく調べているが、本書でも園田氏の観点からとは全く正反対の立場から検討が加えられている。

154 :129:2005/05/09(月) 11:48:54 ID:DdFsOWFT
>>144
>晩年になるまで、淡白な和食のおいしさが理解できない人だったようで、食生活もロココ趣味だったんですね。
あんたウェイトトレーニングやってないのか?
ボディビルダーの、食事に対する強迫観念を知っていれば類推できそうなものだが。
そもそも、あの家系と既往歴を見れば「淡白な和食」で育ったんだろうとも想像しうるだろう。

だ・か・ら、ドナルド・キーン(勿論知っているよな?)が三島を回想してそう書いているんだが。
文句があるなら、キーン氏に言っておくれ。
相手にされんだろうが。。
戦前は、田舎の貧乏人が軍隊で初めてカレーを食べたとかよく言うけど、都会の上流家庭では西洋料理はよく食べていた。
家では和食中心としても、銀座あたりに出かければ資生堂とかで洋食をたべるのが、中流以上の東京山の手人の常識。
ちなみに、三島より十以上年長の森繁久弥(この人は三島どころじゃない名家の出)も、日経から出た自伝によれば、子供のころは毎朝ハムエッグとトースト、
おやつも洋菓子、 夕食もジャーマン・ステーク。
久世光彦のエッセイによると、森繁は九十を過ぎた今も肉をよく食べるらしいな。
戦前育ちは結構そういうモダニストが多い。

>何か微妙にズレてて、あんたの書き込みって不快なんだよね。
知ったふりしないで、ちゃんと本読んで頭使おうぜ。
↑この言葉、君に返すよ。

155 :無記無記名:2005/05/09(月) 22:55:23 ID:nI0yrBmT
森繁はブルジョワか!!!!!!


156 :無記無記名:2005/05/14(土) 00:30:40 ID:hdr8C8Km
>154
ドナルド・キーンは大学で記念講演やったとき見に行ったけど、オカマみたいな人だったな。
(お前みたいにな。)
話し方が独特。そういや、能を「オノウ」とか、独特の呼び方をしてた。

食事に関して、キーンのコメントを引き合いに出してキャンキャン言ってるけれど、
俺は悼友紀行を人物論として認めていない。単純に、疑問点が多すぎるよ。
あと、石原とか美輪のも話半分で丁度いいと思う。厚みのある人物論なら他にいくらでもあるだろ。
なぜキーンごときに拘るかなあ。

幼年期の、例の祖母の過剰な干渉は食事にまで及んだであろうことは想像に難くないし、
自家中毒の経験、繊弱体質、母親の過保護、などから、高蛋白・高脂質の食事に
幼時から馴染んでいたとはとても思えない。
ボディビルで胃弱体質を克服するまでは、極めて食が細かったようだ。

キーンと知り合ったのは、三島が作家として、それなりになって以降のことだろ?
三島が他人にどんな人間として見られたかったのかを考えれば、食事も彼のタフさを
演出する手段であったに過ぎないと思うし、プラス、ボディビルダーとしての食事ノイローゼ
から来るものであったとも考える。

たかだか数冊の本を読んだだけで、薄っぺらなアウトプットを開陳するのはどうかと思うぞ。
事実を確定するには、可能な限り多くの資料に当たりながら、複眼的に考えるのが当然の
作業だろう?馬鹿の相手は疲れるよ。

157 :無記無記名:2005/05/14(土) 23:17:21 ID:EjUNcZ4J
まあそう言わずに相手してくれ

158 :129:2005/05/16(月) 13:31:24 ID:Gdwls89x
>>156
>>能を「オノウ」とか、独特の呼び方をしてた。
「お能」は、茶道を「お茶」、華道を「お花」と言うのと同じで、ごくありきたりな言い回しだ。
どこぞの馬鹿の脳内では、独特の表現かもしれんがね。
ま、まさか、日常生活で一度も耳にしたことがないとか。。
まぁ、雅な古典芸能と無縁なガサツな育ちをしたんだろ。お里が知れますな。

>>なぜキーンごときに拘るかなあ。
たまたま三島の食生活の話だったので、それに関わる記述のあったキーンの本を思い出したのみ。
別に、文学者として崇拝しているわけではない。

>>幼年期の、例の祖母の過剰な干渉は食事にまで及んだであろうことは想像に難くないし、
自家中毒の経験、繊弱体質、母親の過保護、などから、高蛋白・高脂質の食事に
幼時から馴染んでいたとはとても思えない。
ボディビルで胃弱体質を克服するまでは、極めて食が細かったようだ。
↑だ・か・ら、体質や幼児の家庭内の食習慣だけで食の好みが断定されるわけではないだろ?

>>ボディビルダーとしての食事ノイローゼから来るものであったとも考える。
↑これこそ薄っぺらなアウトプットだろ?
「多くの資料に基づいた複眼的思考」ってこんなものかい?
この結論を導く、多数の資料と、複眼的思考の過程とやらを示してくれ。

>>たかだか数冊の本を読んだだけで、薄っぺらなアウトプットを開陳するのはどうかと思うぞ。
事実を確定するには、可能な限り多くの資料に当たりながら、複眼的に考えるのが当然の
作業だろう?馬鹿の相手は疲れるよ。
↑この言葉も、そっくりお返ししよう。
この言葉を朝・昼・晩に100篇復唱し、人生の軌道修正を図ってくれ。
しかし、なんで××って問わず語りに己を語るんだろ?
あと、三島を語りたいなら、ジョン・ネイスンとコリン・ウィルソン、橋本も目を通してね。


159 :無記無記名:2005/05/16(月) 21:18:54 ID:dciDKADV
まあ、あれだ、ケンカするなよ
二人ともすごいよ
ところでコリン・ウィルソンはどうやって関わってるの?

160 :129:2005/05/17(火) 11:52:03 ID:tHB3h13q
>>159
コリン・ウイルソンは、「性のアウトサイダー」で三島を取り上げています。
はっきり言って、さほど目新しい解釈や事実の提示もなく、三島という特異なアーティストを英語圏の読者に紹介するに留まっているような印象を受けました。
ただ、これを読めば、欧米での"MISHIMA"の在りようが少しは実感でき、まさしく「複眼的」思考の一助となります。
ジョン・ネイスンとコリン・ウイルソンに共通しているのは、三島を論じるのに彼の具体的な身長や体型も記述していますね。
まさにフィジカル(形而下)な意味からも論じているわけで、日本人が情念で三島を論じがちなのと対照的。
そう言えば山本夏彦が日本の小説は、登場人物の身長を書かないのがいけないと書いてたな。
欧米では数字でいえることは、だいたい数字でいいますね。
日本では村上春樹がそうで、自分でもそう心がけていると言っています。
まあ、彼らなりのフェア・プレイ精神なのかな。



161 :無記無記名:2005/06/09(木) 15:58:00 ID:cC4CQ7nd
三島が今の時代に生まれていたら絶対2チャンネラーのひきこもりになってそう

162 :無記無記名:2005/06/19(日) 14:54:01 ID:7e8O0hVH
三島はブルジョワ

163 :アノミー ◆oqnPLS3ufk :2005/06/19(日) 14:56:41 ID:U+2QCnRm
馬鹿が三島を語るとはこれいかにw

164 :無記無記名:2005/06/19(日) 17:54:15 ID:nMb74HUD
せっかく鍛えた腹筋持ってたのに自分でその腹を
切り裂いてしまった。

165 :無記無記名:2005/06/20(月) 18:42:49 ID:tJLKjCsZ
自分で自分の肉を切り刻む。
本望だったような気がする。

166 :無記無記名:2005/06/21(火) 00:25:02 ID:+NFKdDPy
>>44
それは四島由紀夫だろ

167 :無記無記名:2005/06/21(火) 01:06:36 ID:QZaYrP8a
首が硬くて斬れなくて介錯が何度もぶった叩いたってあったね。。
首も鍛えたんだろうか??

168 :無記無記名:2005/06/21(火) 20:29:40 ID:ZFPZa4kO
首ってスッと切れるポイントがあるらしいが、
普通は一撃でそこを切れるわけがないので、
骨に刃が当たったんだろう

169 :無記無記名:2005/06/22(水) 01:42:08 ID:YiFc3T47
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

170 :無記無記名:2005/06/22(水) 15:52:10 ID:VEjcIdZy
JBBF50年の歩みに写真あったが、なかなかいいカラダしてたんだね〜

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)