5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民明書房的プロレス用語解説

127 :お前名無しだろ:04/05/27 01:26 ID:J0XOOK6j
悪素斬狼鎮(あっくすぎろちん)

中国は殷王朝時代、後先を考えずに悩亜(のあ)を
出奔し、様々な国を渡り歩いた武将、央護太佳央
(おおもりた・かお)にまつわる故事である。

央護太は悪素盆馬(→あっくすぼんばー)の後、斧を携え
零湾(ぜろわん:豚と鶏の二大将軍を筆頭に、猿や天狗、牛と
いった魔獣に満ちた港町)に攻め入る。

獣の生命力は非常に強く、完全に潰さなくては倒すことが
出来なかった。そこで、央護太は傷ついた獣の股間に
自らの頭を差し入れて持ち上げ、獣の体を垂直にに支えて
断崖から飛び降り獣の頭を完全に潰した。

悪の権化である獣を斬り捨て、かつ鎮めるということから
悪素斬狼鎮(あっくすぎろちん)の名が付いた。

今でも中国の一部の農村ではこの方法で、家畜を屠殺
しているが、それはこの悪素斬狼鎮の名残である。しかし、
その姿勢から雑菌が目に入り、視線が定まりにくい病気に
なってしまうことが多く、一種の職業病となっている。

現在、フリーとして絶賛活動中のレスラー、大森隆男が使う、
アックスギロチンドライバーはこの故事に由来した技である。
同氏の目がいつも泳いでいるのは、激しい練習の代償だろうか。

民明書房刊 『日本の中の世界日本、世界日本の中のど真ん中』


101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)