5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民明書房的プロレス用語解説

13 :お前名無しだろ:04/05/14 21:04 ID:fZ7Z0RXR
土蔓奈火(どまんなか)

奴隷部族の兆周族の発祥の地「兆扇」で
広く歌われている歌。
兆周族は紫の馬を操り、宇魯(うろん)と呼ばれる携帯食を持ち、
長距離の遠征をもろともせず、
「土蔓奈火」を高らかに唄いながら戦いを挑んだとされている。
農耕民族の大把脂(おおはし)族とは、
しばしば馬の飼料調達の際トラブルがあったことが、
最近発掘された石版で明らかになった。
西夏文字研究の第一人者として有名な日系考古学者T耶麻元氏の、
兆周族の大臣「怨彰」とその側近「碁麻脂夫」の悪政によって
「荒」が滅んだとする説に、
日本考古学会の重鎮である厳虞大 金澤教授は、
「怨彰」は劉邦に匹敵する人物だと真っ向から反論しており
考古学会のみならず、一般マスコミをも巻き込んだ大論争へと
発展したことは記憶に新しい。

民明書房刊『四面楚歌〜「歌」に見る栄枯盛衰〜』より


101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)